• このエントリーをはてなブックマークに追加

舛添要一

  政治資金使途の公私混同疑惑で、東京都知事を辞職に追い込まれた舛添要一氏。

  都知事辞職後は、公の場に姿を現しておらず、さすがに反省しているのかと思いきや…。
  舛添氏は反省するどころか、「自分はハメられた」と思い込んでいるようで、水面下では必死にテレビ局に対して、番組出演のための“営業”をかけているという。

  民放テレビ局のスタッフはこう明かす。

「元々、舛添さんは政治評論家として数多くのテレビ番組に出演していたし、テレビ業界の知り合いも多い。そうした旧知のテレビマンを通じて出演の売り込みをしているようです。まあ、都知事を辞職して金回りも悪くなったでしょうし、他の仕事をしなくてはいけないのは分かりますが、厚顔無恥というか、何と言うか…」

  さらに、このスタッフがあきれ顔で語るのは、舛添氏の言い分だ。

「舛添さんいわく、『猪瀬直樹さんもコメンテーターとしてテレビ番組に出ているんだから、私もお願いできないか?』と。猪瀬さんは、東京都知事在任中、『徳洲会』グループからの不透明な借入金問題を追及されて辞任に追い込まれました。ようは、自分と同じ金銭問題で都知事を辞職した猪瀬さんがテレビに出ているんだから、自分が出ても問題ないだろう、と」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事