0003

  NHKで放送中の人気番組「LIFE!~人生に捧げるコント~」の初となるイベント「『LIFE!~人生に捧げるコント~』SUMMER FESTA 2016」が7日、千葉・舞浜アンフィシアターで開催された。

  約4000人のファンが集まる中、会場にイントロが流れて最初に披露されたのは、『スーパースター』だ。

  買い物をしに来た石橋杏奈、西田尚美、臼田あさ美が割引を待つ中、マイケル・ジャクソン風のスーパースターに扮した「ウッチャンナンチャン」の内村光良が華麗なダンスを披露しながら姿を現した。

  踊りながら客席に降りてお客さんに割引の値札をつけるなど、舞台ならではの展開を見せ盛り上げる中、店員に扮した「ココリコ」の田中直樹、「ドランクドラゴン」の塚地武雅、星野源とムロツヨシも登場。
  星野はムーンウォークを、ムロは雰囲気のみのブレイクダンスを披露し、最後はキャスト全員でダンスをするという幕開けに客席は笑いに包まれた。

  『女マン』では、夫婦役を演ずる塚地と西田のもとに、内村が“女マン”として登場。
  夫婦に休むことなく走りながら絡む“女マン”が、「ちょっと休憩させて」と息を整えるシーンなど、身体を駆使した全力のコントが繰り広げられた。

  『妖怪どうしたろうかしゃん』では、喜劇役者のムロが本領を発揮した。
  星野の無茶ぶりに必死に答えるも、お客さんが発言した「こいのぼり」という言葉をもとに一発ギャグをというリクエストに若干スベり、大焦り。 今までにない汗をかき、星野に「ヌルヌルする!」と叫ばれながらも何度も食らいついていた。

  また、臼田はこの日のためにアクションを猛特訓。
  その成果を見せるために挑むも、大事な登場シーンでセリフをかみ、大爆笑を誘うというアクシデントも。
  それでも、実際のコントでは内村とともに迫力のあるアクションを披露し、会場をわかせた。

0004

  そして人気キャラ、『イカ大王』も登場。
  『イカ大王体操第二』を気持ちよく踊り、歌い上げると、観客から質疑応答を受ける。
  そこで、塚地扮する星野の印象を「ただの変態」、ムロについては、「どうも思わない」とキレのある答えを返していると、田中扮する「ゲスニック西条」が登場。
  テレビよりも、さらに一歩踏み込んだゲスな質問で会場を盛り上げた。

  そして、ラストは『うそ太郎 EPISODE-0』で、星野扮するあの“うそ太郎”がなぜすし屋で働いているのかを描いた経緯が初めて明らかにされた。

関連記事