0002

  宝石のように真っ赤で甘酸っぱい「クランベリー」は、スイーツやカクテルにもよく使われているなじみの深い果実だと思います。

  美白効果のある「ビタミンC」や抗酸化作用のある「ポリフェノール」を含んでいることから、美容に効果的と言われていますが、医学的にもとても良いフルーツなんです。

  医療業界では、「クランベリー」は古くから、膀胱(ぼうこう)炎などの尿路感染症に効果があることで知られています。
  近年では、この抗菌作用が歯周病や虫歯の原因菌の抑制効果があることも学会で発表されました。

  また、胃炎の原因となる「ヘリコバクター・ピロリ菌」が、胃の細胞にくっ付くのを防いだり、菌が増えるのを抑えたりする効果もあるため、胃腸の不快な症状にも効果があるようです。

   ストレスや疲れがたまると免疫力が低下するため、感染症にかかりやすくなります。
  膀胱炎などの尿路感染症については、トイレのタイミングを逃したり、冷房の冷えなども原因だと考えられています。

  日々忙しく過ごしている女性の中には、冷房の効き過ぎた室内で一日を過ごし、忙しくて好きなタイミングでトイレに行けないなんて方も多いはず。

  疲れた身体をバイ菌から守ってくれる「クランベリー」は、そんな頑張り屋さんの女性の強い味方になってくれているのかもしれません。

  なお、「クランベリー」を体内に摂取するのにはジュースが一番効果的なようです。

  「クランベリージュース」で疲れた身体をケアしてあげてはいかがでしょうか?

              (薬剤師&美容ライター・かずちん)

関連記事