「AKB48」の入山杏奈、木﨑ゆりあらAKB48グループの新成人メンバー32人が11日、東京・神田明神で成人式を行った。 今年は5つの国内姉妹グループから過去最多となる32人が新成人となり、艶やかな着物姿のメンバーたちは早朝から集まった多くのファンに見守られながら神殿で祈祷を受けた。

AKB48

 メンバーを代表してあいさつに立った入山は、「本日、AKB48グループの32名が、成人の日を迎えることができました。昨年の成人メンバーは自分たちで“狭間世代”と言っていましたが、その頃から『2016年はもっと危ないんじゃないか!?』と各方面でささやかれておりまして…。何とも言えない感じですが、来年は豪華なメンバーですので1年間、楽しみに待っていてください」とジョークを飛ばして笑わせた。

 続けて、「私たちは『遅咲き世代』と命名しまして、これから立派な花を咲かせていきますので、末永く見守っていてください。よろしくお願いします」とさらなる飛躍を誓った。 個人的な抱負を聞かれると、「20歳は、いい女になりたいと思います。教養を身につけて、芯のある女性に近づいていきたいと思います」と意気込んだ。

AKB48

 木﨑は「今年こそはバカを卒業! 清く正しく、美しく、ビューティフォーな女性になりたいです」、「SKE48」の谷真理佳は「世界中の方に、私、谷真理佳の存在を知ってもらう!」、「HKT48」の穴井千尋は「今月で20歳になるので、最初のお酒には“さっしー”を誘っておごってもらいたいです」とそれぞれ抱負を語った。 また、昨日10日に新潟市内のNGT48劇場でこけら落とし公演を行った「NGT48」からは、大滝友梨亜と西潟菜莉奈、山口真帆の3人が出席。

AKB48

 西潟は「劇場に足を運んでくださったファンの方が満足してくれるようなパフォーマンスをしたいです」と話した。

関連記事