AAA

  男女パフォーマンスグループ「AAA」が16日、サンドーム福井で全国アリーナツアー「AAA『ARENA TOUR 2016 -LEAP OVER-』」の福井公演を行った。

  この日の公演では、メンバーの與真司郎が前日の公演中に怪我をしてしまったこともあり、ファンから心配の声が寄せられる中での開演となった。
  だが、公演がスタートすると與は、怪我をしているとは思えない気丈なパフォーマンスを見せて会場をわかせた。

  無事に本編が終了すると、ファンからこの日に30歳の誕生日を迎えた宇野実彩子へのハッピーバースデーアンコールがわき起こり、メンバーたちがステージに再登場。
  その後、メンバーとスタッフからサプライズでデビューからこれまでの宇野の軌跡を振り返った映像が映し出されると、宇野の目から涙が…。
   宇野が映像に見入っている間にバースデーケーキが登場し、ファンとメンバーから温かいバースデーソングが贈られた。
 
  今の心境を聞かれた宇野は、「みなさん、ありがとうございます。こんな映像を作ってもらって大号泣でした。30代って、自分の中で未知なので色んな不安もありますけど、最近思うのは全部当たり前じゃないなと思っていて。こうやってみんなに会えることも、歌えることも、1日一つひとつ感謝しないといけないことなんだなと思っていて。日々毎日、色んなことが流れていく中で、こうやっていま私の目に映っている景色は確かなもので、すごく大事にしていきたいものだなと思います」。

  続けて、「私、30歳って言っていますけど、中身は3才児なみに子供で、色んな人に迷惑を掛けていますけど、まずここにいる目の前にいるファンのみなさんに感謝します。本当にありがとうございます。そしてこんな映像を作ってくれたライブスタッフさんにも感謝しています。そして、当たり前に毎日顔を合わせているメンバー、“空気みたいな存在”とよく言ったりしますけど、本当に11年間一緒にいてくれたこと、ありがとうございます。恥ずかしくてメンバーの目が見られません」とハニカんだ。

  そのうえで、「本当にかけがえのない時間を過ごさせてもらい、私の周りにいるみんなのおかげで強く歌い、生きることができていると思っていて、心から今に感謝します。私は超幸せだと思います、みんなのおかけで。30代の目標は、私がみんなを幸せにできるように生きていきたいと思います。本当にありがとうございます。」と抱負を語った。

  リーダーの浦田直也は、「今日、宇野ちゃんの誕生日もありましたし、真ちゃんも怪我しちゃったけど、みんなのパワーのおかげでここまでくることができましたので、みなさまのパワーをさらに借りて、ここからラストスパートに行きたいと思いますけど、まだまだパワーくれますか?」とファンをあおると、メンバーたちはアンコールの残り2曲を披露した。

関連記事