• このエントリーをはてなブックマークに追加

0002

  「NMB48」の太田夢莉、中野麗来、鵜野みずき、村中有基と元プロ野球選手の桑田真澄氏が、奈良県内で自動車販売・買い取りを扱う「シマダオート」の新CM「プロ野球」篇シリーズで共演していることが分かった。

  CMは、架空のプロ野球チーム「シマダオート ナラーズ」の選手たちの活躍を描くドラマ仕立てとなっており、桑田真澄監督がドラフト会議で奈良県出身の太田を1位指名し、抽選の結果交渉権を獲得するシーンからスタート。
  桑田氏の現役時代の背番号の18番にちなんで、CMは全部で18種類が制作され、チーム内で起こるさまざまな出来事を通じて、「クルマ買うなら、売るなら、シマダオート!」というメッセージを楽しく伝えているという。

  撮影現場では、桑田氏との共演に緊張を隠せない様子の太田、中野らメンバーたちだったが、あいさつや自己紹介を済ますと、桑田氏の優しい人柄もあり、現場は終始温かい雰囲気に包まれていたそうだ。

  CM中の太田さんのズレた野球帽を桑田氏が直してあげるシーンは、当初台本にはなかったものの、その自然な笑顔が素晴らしく、CM本篇にそのまま採用となったとか。

  また、本人役での出演とはいえ、普段めったに演技をすることのない桑田氏は、ドラフト会議や入団会見のシーンではモニターでのプレイバックを確認しながら、「ダイコンだな~」、「下手だな~」、「恥ずかしい…」と苦笑い。

  それでも、ユニフォームに着替えてグラウンドに降り立つと、雰囲気は一変。
  自らベンチでの立ち姿について、「いつもはこういうポーズですね」と提案するなど意見も口にし、撮影を楽しんでいたという。

  なお、同CMは7月から「第98回全国高校野球選手権」の奈良大会のテレビ中継内CMを皮切りに順次オンエアされ、ウェブ限定バージョンも順次公開される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事