• このエントリーをはてなブックマークに追加

 歌手のジャスティン・ビーバーの『ソーリー』が、全米ビルボードチャートの「HOT 100 SINGLE 」で1位になったことが分かった。

ジャスティン・ビーバー

 ビーバーは、昨年9月の同チャートで『ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?』でも1位を獲得しており、2曲目の1位となる。 さらに、ビーバーはUKチャートでも1位『ラヴ・ユアセルフ」、2位『ソーリー』、3位『ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?』と上位を独占。 同様の現象は、アイルランド、オランダでも起こっている。

ジャスティン・ビーバー

 ビーバーのここ最近のシングルチャートにおける成功はまさに目を見張るものがあり、『ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?』をリリースした9月からトップ5をキープ。 アルバムの『パーパス』においては、収録曲のうちの8曲がトップ40にランクインするなど、現役アーティストとして初となる歴史的快挙を達成した。

 “パーパス旋風”は、まだまだ世界中で猛威を振るっているようだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事