能年玲奈

  所属事務所「レプロ」からの独立騒動の渦中、突如として「のん」への改名を発表した能年玲奈。
  当然のことながら対立する「レプロ」サイドは激怒しており、双方の対立構図はドロ沼化の一途をたどっているという。

「『レプロ』サイドは再三にわたって能年サイドに妥協案を提示していましたが、当の能年サイドが交渉のテーブルにさえ着こうとしなかった。もちろん、能年にも彼女なりの言い分はあると思いますが、そもそも独立騒動に対する業界内の目は厳しく、今回の突然の改名宣言でますます心証は悪くなったと言わざるを得ません」とはスポーツ紙の芸能担当デスク。

  実際、かつてはNHKの朝の連続テレビ小説「あまちゃん」でヒロインを演じ、映画「ホットロード」で主演を務めた能年も、最近では大幅に露出を減らしている。

  もはや事実上の芸能界引退の窮地に立たされているといっても過言ではない能年だが、数少ない心の拠り所といってもいいのが、“母親”の小泉今日子の存在だ。

  小泉といえば、「あまちゃん」で能年扮する天野アキの母親役の天野春子役を熱演。
  能年とは、ブログに登場するなどいまだにプライベートでも親交が深く、いまだに“娘”のことは気にかけている様子だ。

「芸能界に多大な影響力を持つ小泉さんの所属する大手芸能プロダクションの社長と、能年さんと対立関係にある『レプロ』の社長とは、最近ある一見を巡ってひと悶着あったとはいえ、いまだに太いパイプで結ばれており、芸能界の“常識”で考えれば能年さんを可愛がるのはかなり違和感のある構図です。とはいえ、そうした“芸能界のパワーバランス”と一線を画した一本気な性格と実績で、周囲を黙らせてきたのが小泉さんの魅力の一つでもある。今後も“政治的な側面”を無視して、能年さんのサポートを続ける可能性は高いですね」(前出のスポーツ紙デスク)

  さらには、業界内では“能年復活”の足掛かりとなりそうな、こんなサプライズ計画も囁かれているという。
  芸能プロダクションマネジャーはこう明かす。

関連記事