0002

  ウエスト周りやポッコリとした下腹を効果的にシェイプアップする、「骨盤」や「股関節」を意識して動かすことに注目したトレーニングが近年話題になっています。

  それほど女性らしい体形をつくるためには、「股関節」や「骨盤」の運動が大切なことが分かります。

  人間の「骨盤」を支えているのは左右の股関節です。

  「股関節」は上体と下肢を結ぶ支点であると同時に、健康の大きな要でもあります。

  腰痛などの不快な症状が「骨盤の歪みによるもの」だと取り上げている記事を目にしますが、これにも「股関節」が深く関係しています。

  「股関節」は、一方向にしか動かないひじやひざと違って、前後左右に曲げられる、動きの広い関節です。
 
  でも、ほとんどの人はあまり動かしていないのが現状のようです。

  「股関節」の周りには、太ももやお尻の筋肉などの大きな筋肉が集まっています。
  「股関節」を動かすことで、これらの筋肉はもちろん、連動してウエストまわりの筋肉も伸縮し、インナーマッスルも鍛えられるのです。

  「股関節」が凝り固まっていると、リンパやホルモンの流れに影響が生じ、ウエストばかりでなく、全身のむくみがとれにくくなってしまいます。
 
  なので「股関節」をほぐし、可動域を広げ、老廃物を溜めないようにすれば、ダイエットだけではなく、疲労回復の効果も抜群です。

  そこで、お風呂上がりの体がやわらかい時にオススメの「股関節」のストレッチを紹介します。

1)あおむけに寝て、両脚をまっすぐに伸ばす。

2)片脚を折り曲げて胸の方に引き付けて両手で支える。

3)そのままゆっくりと体の外側に回す。

  こんな簡単なストレッチでも「股関節」を柔軟にするにはとても効果的です。

  深呼吸をしながらリラックスして、無理をしない範囲内で、できるだけ大きく脚を回すのがポイントになります。

  また、外側だけでなく、内側にも同じくらいの回数をまわしましょう。

  体の疲れもやわらいで、心身ともにキレイになれるはずですよ。

           (薬剤師&美容ライター・かずちん)

関連記事