• このエントリーをはてなブックマークに追加

  「Kis-My-Ft2」の北山宏光が、両グループがバラエティ番組で直接的なカラミをするのは今回が初めてだと明かすと、ロンブー淳は「今までなんでなかったんだろうね?」、「ヤバいことを言っていたら全然(カメラが自分を)抜いてくれない」、「なんか、いいピリつき感があるね」などあおり続けた。

  同番組でのこうしたやり取りについて、同局スタッフは語る。

  「『27時間テレビ』はバラエティーノリですし、大物出演者が数多く登場する生放送ということもあって、例年ギリギリのネタが番組内で飛び交うことがお約束になっています。出演者やその所属事務所サイドも、ある程度そうしたハプニングは織り込み済みでしょう。まして、さんまさんや淳さんは攻めのトークがウリの人たちですし、ジャニーズ事務所とはそれほどしがらみのない吉本興業所属という立場もあり、2人の際どいトークはプロ意識の表れだったと思います。とくに、さんまさんの『はよ、(新曲を)出せ!』という発言は、中居さんに対してというよりも、ジャニーズ事務所に向けた『早くSMAPに新曲を出させてあげてほしい』という願いにも聞こえました。とはいえ、さんまさんにSMAP騒動をツッコまれた際の中居さんの表情、『Kis-My-Ft2』と『Hey!Say!JUMP』の対決コーナーでの淳さん以外の他の共演者たちの硬い表情を見るにつけて、『まだまだSMAP騒動は尾を引いているんだな』というのが、率直な感想ですね」

  実際、ジャニーズ事務所に近しい関係者は絶対匿名を条件に明かす。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事