• このエントリーをはてなブックマークに追加

00002

  日本初の本格的な“ミセスアジア”の大会「ミセスアジアジャパン IN北海道」が8月21日、北海道・札幌で開催されることが分かった。

  応募資格は日本国籍を持つ既婚者、または婚姻経験があり子供がいる25歳から69歳(2016年10月23日時点)の女性で、 同月5日まで出場者のエントリーを募集。
 
  「ヤングミセス(25~44歳が対象)」と「クラッシックミセス(45~69歳が対象)」の2部門で審査が行われ、一次審査(書類選考)、二次審査(面接・東京、札幌で実施)を経て40名のファイナリストを決定する。

  最終選考会となるファイナルでは、40名のファイナリストの個性に合わせ、タイトル、特別賞とティアラ、サシュの授与が行われるほか、上位入賞者は今年10月下旬にマレーシアで行われる世界大会の「ミセスアジアシュプリーム2016」への日本代表としての出場資格を取得できるという。

  「ミセスアジアジャパンIN北海道」の実行委員長で、「ウーマンズアカデミー」代表や「ミス・ユニバースジャパン」の2014年、2015年の北海道大会企画運営責任者も務めた吉成恵里香氏は、今大会の開催の経緯について語る。

「6年前に、海外で日々多くのミセスコンテストが開催されていることを知ったことがキッカケです。海外、特にマレーシアでは年に3~4回のミセスコンテストが開催され、イベントとしてもビジネスとしても成り立っていますが、日本にはいまだその文化が根づいてはいません。“コンテスト”というと国内では女性の品評会のようなネガティブなイメージもありますが、これらの大会は海外では“ページェント”と呼ばれ、さまざまな個性、アイデンティティ、思想を持った女性たちが各国から集まり、交流を行い、一つのステージを作り上げることに価値があり、さまざまなタイトルを授与することで女性のプラットフォームの提供がなされています。この文化を日本に持ち込むことは、女性の社会進出のための手助けになり、活躍の場の提供になると感じました」

  また、何故“ミスコン”ではなく“ミセスコン”にこだわったのかを問うと、こう明かす。

「ミセスは望む、望まないに関わらず、結婚、出産、または介護などでキャリアをリタイアせざるを得ないことが多々あります。そのような女性たちが社会から取り残され、孤独を感じるのではなく、それらを非常に重要な女性の仕事として捉え、そのバックボーンや人生のストーリー、人として培ってきた経験や感性を魅力としてステージ上で表現するのが、この『ミセスアジアジャパン』です」

  そして、「ミセスとしての美しさは、外面だけでは築き上げられません。さまざまな個性を持った女性たちがステージ上に並ぶことで、それら人間的魅力が存在感となって光り輝き、観客の心を捉えます。また、それらの体験提供によって女性の自信を育み、社会での活躍の支援を行いたいと考えております」と話す。

  今開催の成功をキッカケに、来年の北海道での世界大会の開催を目指しているという吉成氏だが、日本初の試みとなる大規模なミセスのためのビューティーページェントに要注目である。

  なお、応募要項や審査期間、エントリーフィーなど詳細については、「ミセスアジアジャパンIN北海道」の公式ホームページ(http://www.mrs-asia.com/)を参照のこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事