• このエントリーをはてなブックマークに追加

0002

  7月30日に放送されたフジテレビ系「めちゃ×2イケてるッ! 夏休み宿題スペシャル!!」で、お笑いコンビ「極楽とんぼ」の山本圭壱が約10年ぶりに地上波に復帰した。

  番組には、かつての“軍団山本”のメンバーとして公私ともに山本と親交の深かった「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳や「ココリコ」の遠藤章造、「ペナルティ」のワッキー、「品川庄司」の庄司智春らも出演。

  山本の地上波復帰の場面に立ち会った“軍団山本”のメンバーたちは目に涙を浮かべて、普段あまり感情を表に出さない淳が号泣する場面は多くの視聴者の感動を呼んだ。

  その一方で、インターネット上で話題となっているが、“軍団山本”のメンバの一人に武井壮が入っていたことだ。

  武井といえば、アスリートタレントとしてマルチな活躍を見せているが、芸人ではなく、山本がかつて籍を置いていた吉本興業所属でもない。
  活躍の時期も被っておらず、山本との接点はあまりないようにも思えるが…。

  芸能プロダクションのマネジャーはこう語る。

「今でこそ武井さんはブレイクしていますが、じつは下積み時代が長く、まだ売れていない頃に山本さんに御世話になっていたことがあるそうです。当時は知名度もそれほどなく、目立たなかったんでしょうが、“軍団山本”の一員だったのでしょう」

  さらに、山本と武井にはこんな接点もあるという。

「山本さんは、寺での修行を辞めた後、江の島の飲食店で働いていた時期があるんですが、その店のオーナーは武井さんとも懇意という話でした。その店で働いていた後、下北沢で単独ライブを行うなど、芸人復帰に向けて活動を活発化させていきました。もしかすると、武井さんが下積み時代の恩を感じて、陰ながら山本さんの復帰をサポートしていたのかもしれませんね」(同芸能プロマネジャー)

  山本の地上波復帰にあたっては、相方の加藤浩次をはじめ、多くの仲間たちのサポートがあったようだが、武井もその一人のようだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事