00001

  映画「超高速!参勤交代 リターンズ」のスペシャルセレモニー&完成披露試写会が3日に都内で行われ、出演者の佐々木蔵之介、深田恭子、伊原剛志、寺脇康文、上地雄輔、「Hey! Say! JUMP」の知念侑李、西村雅彦、本木克英監督らが出席した。

  9月10日に公開される同映画は、江戸幕府から無理難題を突きつけられた弱小貧乏藩が知恵と工夫で立ち向かう様子を描いた作品。
  2014年に公開された映画「超高速!参勤交代」の続編となる。

  完成披露試写会に先んじて行われたスペシャルセレモニーでは、映画のタイトルの“超高速!”に絡めて、“最速の男”を決めるべく、夏らしい浴衣姿に身を包んだ女性キャスト陣らが見守る中、着物姿の男性キャストたちが7mの陸上トラック風カーペットを全力で駆け抜けるセレモニーを開催。
 
  見事に優勝した伊原は、深田から金メダルを贈られると、「深田さんとのチューのために頑張りました」と勝手にご褒美のキスを要求して笑わせた。

0002

 その後の完成披露試写会でステージに立った、主演の佐々木は「今回も殿をやっています。『超高速!参勤交代』、帰ってまいりました。リターンズです! 登壇している誰もが続編なんて思っていませんでした。こうやってまたみんなと登壇できて、観てもらえるのがうれしいです」。

  深田は「2年ぶりにお咲を演じました。まさかリターンズがあるとは。この映画は内容を本当に話しやすく、前回が行きで今回が帰りです。みんなと会えるのをうれしく思いました。いわき市でも撮影が行うことができ、たくさんの方にご協力を頂いたので、たくさんの方にご覧頂きたいです」とあいさつした。

  知念は「23歳になります、知念です。また豪華なメンバーに参加できてよかったです。弓の名手ということで、たくさんの方のハートを射抜けたらいいなと思います」と話して女性ファンを魅了した。

  深田はシリーズ前作で佐々木演じる殿と出会い、今作で妻となったが、「殿は温かいですが、さらに蔵之介さんの撮影チームへのお気遣いが優しい現場でした」。

  一方の佐々木は、「祝言のシーンで終わったら良かったですね。深田さんは本当にキレイでした。水着でも着物でも美しいです」とその美貌を絶賛した。

  また、前作の“ふんどし姿”以上に肌を露出するシーンがあるという知念は、「気楽にできました。たくさんの方に見て頂きたいです」とアピールしつつも、「(撮影で)京都に行くと、いつも川に入っている気がします」と話して会場の笑いを誘っていた。

関連記事