• このエントリーをはてなブックマークに追加

0001

  「HKT48」の指原莉乃とAKB48グループ、「乃木坂46」、「欅坂46」の総合プロデューサーを務める作詞家の秋元康氏、音楽プロデューサーの小室哲哉、「モーニング娘。」らが所属するハロー!プロジェクトを手掛ける音楽プロデューサーのつんく♂が7日、都内の代々木アニメーション学院・東京校で行われたパネルディスカッションに参加した。

  同学院のプロデューサーに就任した4人は、エンターテインメント業界の未来などについてパネルディスカッションを行い、つんく♂は海外からの中継で参加した。

  秋元氏はプロデュースについて、「(タレント)本人が気づいていない魅力をどう引き出すのか。人間は自分が得意としていること、“武器”にすることは分かっている。けど、それを(前面に)出すと、イヤミになったり、“武器”にならないこともある。本人も気づいていないことをどれだけ探り出すかが重要」。

  小室は、「この間、つんく♂と共同プロデュースをやったんだけど、つんく♂は真摯というか、本当に突き詰める。先生という意味で、僕も学びました」と明かした。

   そんな中、指原は、「今日、ビビッときたカワイイコがいました」と早くも未来のアイドル候補に熱視線。 過去に、自身がハロー!プロジェクトの研修生にあたる「ハロプロ エッグ」のオーディションを受けものの、書類選考で落ちたことに触れて、つんく♂に「どういうことなんでしょうか?」と落選理由を問い詰める一幕も。
  これには、つんく♂も「いや~。だから良かったんですよ」と苦笑した。

  指原は秋元氏から「アイドルがあきられないためには何が必要?」と問われると、「週刊誌が滅んだらいいと思う」と自虐ネタで会場の笑いを誘った。 そんな指原に対して秋元氏は、「(報道陣が集まった)この状況の中で、『週刊誌が滅んだらいい』と言う。ネットニュースにあがるだろうなと想定しながら言っているのが、プロデューサーとして一流」。
  小室も「“空気”を読む力がすごいね。僕も勉強になりました」とホメ称えて、つんく♂も「指原をとりたいね!」とラブコールを送った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事