水森かおり

  昨年デビュー20周年を迎えた“ご当地ソングの女王”こと演歌歌手・水森かおりの最新シングル『越後水原(えちごすいばら)』が、カラオケランキングの演歌部門で13週連続の1位を記録し、音楽業界で注目を集めている。

  水森にとって通算24枚目のシングルとなる同曲は、白鳥の飛来地として知られる新潟・阿賀野市の瓢湖(ひょうこ)を舞台に、恋に破れた女心を切なく歌い上げたスケール感のある重厚なご当地ソング。

  今年3月にリリースされると、オリコン週間シングルランキングの総合部門で5位にランクイン。
  同7月にカップリング曲が異なる『越後水原~特別盤~』が発売されると、再び2週連続でオリコン週間シングルランキングの演歌・歌謡曲1位となるなど、ロングヒットを放っている。

  さらに同曲は、「週間DAMカラオケリクエストランキング」の演歌部門で、最新集計期間の今年7月31日~8月6日をはじめ、13週連続の1位を記録している。

  同曲で「連続TOP10獲得年数(※13年連続)」などオリコンランキングの3部門で女性演歌歌手歴代1位の記録を樹立した水森は、「コンサートや歌唱イベントなどで、お客様から『越後水原、歌っているよ!』と声を掛けて頂くことが多く、うれしく感じておりましたが、実際にこんなに多くの方々に歌って頂いていることを知り感激しています」。

  続けて、「これからも、もっともっとみなさんに『越後水原』を歌って頂けるように、さらに頑張ります」とコメントしている。

関連記事