• このエントリーをはてなブックマークに追加

0002

  「欅坂46」が21日、グループ結成1年目の最後となる記念すべき日に“けやき坂”でのライブを行った。

  「欅坂46」は、「乃木坂46」に続く、「坂道シリーズ」の第2弾として作詞家・秋元康氏プロデュースのもと結成され、4月6日に1stシングル『サイレントマジョリティー』でデビュー。
  同シングルは、初週で約26.2万枚を売上げてオリコン1位を獲得、女性アーティストのデビューシングル初週売上記録を塗り替えた。
  続くセカンドシングル『世界には愛しかない』も2作連続となる首位に輝いた。

  結成1年目のラストデイとなるこの日、「欅坂46」は、グループ名の由来である東京・六本木ヒルズの“けやき坂”で行われた「六本木ヒルズアリーナ特設ステージSUMMER STATION LIVEアリーナ “コカ・コーラ SUMMER STATION 音楽LIVE”」に出演。
  メンバーたちが「いつかここでライブしたいとずっと思っていた」という念願のステージに立った。

  メンバーの今泉佑唯と小林由依によるユニット「ゆいちゃんず」の『渋谷川』で幕を開けた結成1年目最後のライブは、超満員に埋め尽くされた会場で全6曲、ラストの『サイレントマジョリティー』まで迫真のパフォーマンスで観客を魅了した。

  アンコールでは、最新シングル『世界には愛しかない』も披露。

  センターを務める平手友梨奈は、「明日で結成1周年を迎えます。本当にたくさんのことをスゴいスピードで経験させて頂きました」。

  続けて、「2年目では、これからも感謝の気持ちを忘れないように、坂を少しずつのぼっていけるように頑張っていきたいと思います。精一杯頑張りますので、みなさん応援よろしくお願いします!」と呼び掛けた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事