• このエントリーをはてなブックマークに追加

SKE48

  「SKE48」の北川綾巴、江籠裕奈、大場美奈、高柳明音、古畑奈和、木本花音、熊崎晴香、須田亜香里が24日、名古屋市内の愛知県庁を訪れ、大村秀章愛知県知事を表敬訪問した。

  2011年から「LOVEあいちサポーターズ あいち広報大使」を務めている「SKE48」は、最新シングル『金の愛、銀の愛』のCDとポスターを持参して、大村県知事と会談。

  まず、「SKE48」のメンバーが自己紹介と今後の意気込みを語ると、大村県知事は「『SKE48』のみなさんには、もう5年前から愛知県の広報大使ということで『LOVE あいちサポーターズ』として、色々なところでみなさんに活動してPR頂いています。とくに、2年前にユネスコの世界会議を名古屋で行った時に、みなさんに大いに盛り上げて頂いたことが印象に残っています」。

   続けて、「あの時のような形で、これからも愛知県・名古屋の良いところをどんどんPRして頂きたいと思います」とし、「みなさんが活躍してくれることが地元的には、愛知・名古屋がどんどん盛り上がっていくことに繋がりますので、20枚目のシングルも大ヒットして頂きたいと思いますし、色んな場面でみなさんに活躍してもらいたいなと思います。これからの活躍に大いに期待しています」と話した。

  また、昨年9月に愛・地球博記念公園(モリコロパーク)で開催され、「SKE48」も出演予定だった「第32回全国都市緑化あいちフェア前夜祭コンサート」が、台風の影響で中止になったことが話題になると、大村県知事は「残念だったね。またああいうのをやって欲しい。また企画しよう!」と意欲。
  メンバーたちも「ぜひやりたいです! お願いします!!」と意気投合した。

002

  さらに、大村県知事が「SKE48」の年内の活動について尋ねると、高柳は11月19~20日に愛知県芸術劇場で行われる予定の「SKE48」ソロコンサートに触れて、「県知事もぜひ(コンサートで)1曲歌ってください。『SKE48』が全員でバックダンサーをします!」とコンサートへの出演依頼。

  これに対して大村県知事は「ファンの方に怒られるよ…」としながらも、「それはそれで盛り上がるかな? やってみようかな?」とハニカんだ。

  熊崎は、「私は生まれも育ちも愛知県なので、今回PRに参加させて頂くことを、とてもうれしく思います。精一杯頑張りますのでよろしくお願いします」。

  古畑は、「今回、一緒に力を合わせて愛知県をもっともっと盛り上げていけたらいいなと思います。よろしくお願いします」。

  大場は「私は愛知県に来て3年目になるんですけど、日々、愛知県の魅力に気付いて『すごく幸せだなぁ』と感じることが多いので、その想いを一生懸命に伝えていけるように頑張りたいと思います。よろしくお願いします」。

  北川は「愛知県の魅力をもっともっとたくさんの人に知ってもらえるように精一杯頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします」。

  江籠は「『SKE48』のメンバーは今日いるメンバー以外もたくさんのメンバーがいるので、私たち『SKE48』の活動を通して、愛知県の魅力を全国に発信できたらいいなと思います。よろしくお願いします」。

  高柳は「『SKE48』はもちろんですが、私たちのファンの方はすごく愛が強いので、『SKE48』とファンの方と一丸になって愛知県をたくさん盛り上げていきたいと思います。よろしくお願いします」。

  木本は「『SKE48』のメンバーはすごく地元愛が強いメンバーがたくさんいるので、メンバー全員で力を合わせて愛知県を盛り上げていけたらいいなと思います。よろしくお願いします」。

  須田は「私は24年間ずっと愛知県で育ったんですけれど、名古屋弁を聞くと今でもやっぱりホッとして、名古屋にいることを実感します。これから知事と一緒に参加させて頂く機会が増えると聞いているので、メンバー全員で愛知県の魅力をたくさん伝えていけたらいいなと思います。よろしくお願いします」とそれぞれ話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事