0002

  バットマンやスーパーマンらヒーローによって投獄された史上最凶の悪党たちが主人公となって暴れまくる映画「スーサイド・スクワッド」(9月10日公開)の公開直前イベントが30日に都内で行われて、「メイプル超合金」が出席した。

  2人はこの日、“最凶悪党カップル”であるハーレイ・クインとジョーカーに扮した姿で登場。
 
  ポップでセクシーなその姿が早くも話題となっている“悪カワ”ヒロインに扮した安藤なつは、「これは完コピですね、“クリソツ”です!」と満足げな様子。

  MCからポスターのビジュアルとずいぶん違うことをツッコまれると、すかさずカズレーザーが「より3Dが強くなっているんです」と説明し、会場の笑いを誘った。

  一方、金髪と全身赤い服装がトレードマークのカズレーザーも、この日は髪の毛を鮮やかな緑色に染め、全身白塗りとタトゥーを施したジョーカー姿を披露。
  カズレーザーは、自身がアメコミファンであることを明かしつつ、「ヒーローで一番カッコイイのがコブラだとしたら、悪役で一番カッコイイのはジョーカーです」とコメントした。

  イベントでは、2人が本作で日本語吹替え版声優に初挑戦したことも発表されたが、カズレーザーが「ジョーカーって難しい役でしたね。気持ち作るのに時間がかかりました」と話しはじめると、安藤が「いや、お前ジョーカーやってねえだろ」とすかさずツッコミをさく裂。

   2人が演じたのは、コスプレに扮したハーレイとジョーカーではなく、ジョーカーに脅され捕えられた科学者の妻役(安藤なつ)と、スーサイド・スクワッドの一員である怪力・ワニ男のキラークロック役(カズレーザー)。

  キラークロックの名セリフを再現することになったカズレーザーは突如、「心配ないさぁ~!」と舞台「ライオンキング」の名セリフを引用しながらボケると、立て続けに「ゲッツ!」とダンディ坂野のギャグも披露し、映画の中の悪党たちと同様の“自由すぎる暴れっぷり”で会場を盛り上げた。

  さらに、本作のストーリーにちなみ過去の“悪党エピソード”について聞かれた安藤は、「実家で大事に育てているスイカを泥棒した」と告白。

  一方のカズレーザーは「捕まえたクワガタをシルバーに塗って、“珍しいクワガタ”と言って妹に売りつけた」と明かした。

  安藤は、「この作品は個々のキャラクターが立っていて、目でも楽しく、アクションも楽しい。そしてハーレイ・クインの恋愛体質は分かると共感しちゃいます、キュンキュンしました。悪党ながら人間臭くもあり、ハーレイの純粋なところも見どころです」。

  カズレーザーは、「バチバチのアクションにアゲアゲの音楽、そしてめちゃくちゃなキャラクターと、盛り上がらないはずがない。残暑と台風も吹き飛ばす楽しい映画なのでぜひ観てほしいです!」とアピールした。

関連記事