• このエントリーをはてなブックマークに追加

柴田阿弥

  「SKE48」の柴田阿弥の卒業公演が、チームE「手をつなぎながら」公演として31日、愛知・名古屋のSKE48 劇場で行われた。

  2010年9月に「SKE48 第4期生オーディション」に合格し、約6年間、「SKE48」のメンバーとして活動し、「AKB48選抜総選挙」では、14~15年と2年連続で15位にランクインして選抜メンバー入りを果たした柴田。
  8月26日にはZepp Nagoyaで卒業コンサートを行ったが、この日、「SKE48」のメンバーとして最後の活動となる卒業公演のステージに立った。

0002

  開演前の場内アナウンスで、柴田は「私は今日、泣くでしょうか? 泣かないでしょうか?」と明るくファンに問い掛けると、「チームE」のメンバーとともにステージに登場。
  『僕らの風』や『手をつなぎながら』、『チャイムはLOVE SONG』などを弾ける笑顔でパフォーマンスした。

  自己紹介パートでは、同期の酒井萌衣が「さっき楽屋で、阿弥が『今日は泣かない』と宣言していました!」と暴露する一幕も。

  柴田は「今日が最後の劇場公演で、私は卒業するんですけど、みなさんには前々から言っているとおり、阿弥ちゃんからは卒業して欲しくないので、今日はみなさんが永遠に“留年”してくれるようなステキな公演にしたいと思います。よろしくお願いします」と意気込んだ。

  ユニット曲『この胸のバーコード』では、酒井、谷真理佳と息の合ったパフォーマンスを披露。
 
  本編最後の曲では、木本花音が「こんなにも大切に思える仲間に出会えたことをうれしく思います」とコメントし、全員で『大好き』を歌った。

0003

  アンコールでは、場内が柴田のイメージカラーである水色と白色の2色のスティクライトで照らされ、“阿弥ちゃん”コールに包まれる中、再びステージの幕が開き、『ロープの友情』、『火曜日の夜、水曜日の朝』を力強く披露。

  その後、10年に「SKE48 第4期生オーディション」に合格してから、SKE48 メンバーとして奮闘してきた柴田の6年間の軌跡映像が流され、劇場は卒業モードに。

  柴田は、自身のアイドル人生に大きな転機をもたらした記念すべき初センター曲『あうんのキス』 を、、木本、酒井の同期6人と一緒に披露した。

0004

  続いて、パステルピンクのドレスに着替えた柴田が一人でステージに立ち、自身の卒業曲『サヨナラが美しくて』を歌い上げた。

  曲の途中には、同期6人が次々と姿を現し、柴田と見つめ合いながら歌唱し、柴田も「私は今日、『SKE48』を卒業します。6年間やりきったので、何も悔いはありません! 本当にありがとうございました」とファンに感謝した。

  歌い終わると、酒井が涙を流しながら柴田への感謝と激励の言葉を綴った手紙を読み上げ、柴田の卒業を全員で祝福した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事