武田久美子

  華やかな顔立ちとバランスの良いプロポーション、歳を重ねても色あせない美しさを持つ武田久美子さん。
  美しい張りを保つため、バスト専用の美容液を使うなどケアを欠かさないそうです。

  もちろん、外側からのケアだけでなく、内側からのケアも心掛けているようで、朝食では必ずゆで卵を1個プラスするとか。
  「たんぱく質」を採らないと午前中から元気に動けないし、腹もちが良いので、お昼ごはんの“ドカ食い”防止にもなると過去のインタビューで明かしています。

  また、身体をよく動かした日の夕食には「たんぱく質」を食べると疲れが残りにくいので、肉や魚も食べるそうです。
  武田久美子さんのキレイの秘密には、積極的にとっている「たんぱく質」が大きく関係しているようですね。

  「たんぱく質」は美容だけではなく、人間に必要な3大栄養素の一つです。
  約20種類のアミノ酸が結合してできていて、髪の毛やツメ、筋肉や臓器など人間の身体の主成分となる大切な栄養素です。
  不足すると免疫力が低下して、病気や感染症にかかりやすくなってしまいます。
 
  私たちの身体の中では、古くなった細胞を新しい細胞に取り替えていく代謝が毎日行われています。
  「たんぱく質」が欠乏すると、この新しい細胞は力のない弱々しい細胞となってしまい、老化を防ぐことができなくなってしまいます。

  つまり、「たんぱく質」の不足は老化の速度を早めてしまうのです。

  「たんぱく質」は、「糖質」や「脂質」のように身体に蓄える仕組みがないので、余ったぶんは尿として排泄されます。
  健康で元気な身体や髪の毛やツメ、肌の美しさを保つためには、毎日「たんぱく質」をとることが重要なのです。

  「たんぱく質」の多い食品には、「脂質」も多く含まれているものが多いので、カロリーオーバーが気になる方は、肉や魚の「動物性たんぱく質」よりも豆類などの「植物性たんぱく質」をとるように心掛けてくださいね。

関連記事