「AKB48単独リクエストアワー セットリストベスト100 2016」の2日目公演が17日、東京ドームシティホールで行われ、昼公演で60位から41位、夜公演で40位から21位までのランキングが発表された。

AKB48

 今年で9回目の開催を迎える「AKB48」のリクエストアワーは初の試みとして、今月16~18日が「AKB48」単独で、22~24日がAKB48グループとして行われる。 昼公演は、先日のAKB48グループ成人式で今年のブレークを宣言した伊豆田莉奈がセンターを務める60位の『Reborn』で幕開け。

 MCコーナーでは、初日公演での「みゃおの部屋」での司会で自信を持ったのか、宮崎美穂が”総合司会”として登場し、”三銃士”らを相手にトークを展開。

AKB48

 53位『愛と悲しみの時差』では、「チームK」と兼任する「NMB48」の山本彩が自身のソロ曲を圧巻の歌唱力で歌い上げた。

AKB48

 51位には『背中言葉』がランクインし、4月での卒業を控える高橋みなみ元AKB48グループ総監督が今年のリクアワに初登場し、横山由依ら他のメンバーと涙を流しながら感動的なパフォーマンスを披露。 だが、2曲後の49位『純愛クレッシェンド』では、靴が脱げるというアクシデントにより出番が遅れるハプニングも。

 峯岸みなみから「しっかりして!」、横山から「あの涙を返してください!」とツッコまれた高橋は苦笑いを浮かべていた。 夜公演は、波乱のランキングが会場も大盛り上がりとなった。 昨年の「リクアワ」で1位となった“鈴懸なんちゃら”が早くも38位で登場、一昨年の1位で昨年もトップ10入りした『純情フィロソフィー』も21位という結果に。

 この1年間にリリースされ、上位が予想されていたシングル曲の『僕たちは戦わない』(37位)、『Green Flash』(36位)、『希望的リフレイン』(25位)が、最終日を待たずしてランク発表となった。

AKB48

関連記事