• このエントリーをはてなブックマークに追加

0001

  一時期に比べると日が沈むのも早くなり、すっかり秋めいてきた今日この頃。
 
  秋は汗や皮脂の分泌が減少し、メイクのも持ちやノリが良くなり、オシャレが楽しい季節ですが、その一方で、紫外線対策を忘れがちになりがちな時期でもあります。

  元気で若々しいお肌のためには、1年間を通して紫外線からお肌を守ることが大切です。
 
  夏に比べると、これからは紫外線量が減る季節になります。
  確かに、皮膚表面の日焼けを起こす「UVB波」が減少するため、目につく影響は感じにくいかもしれませんが、じつは真皮層を破壊し、シミやたるみなどの肌老化をまねく「UVA波」はそれほど減少しないのです。

  紫外線は「UVA波(長波長)」と「UVB波(短波長)」というように、波長の長さで大まかに区分されています。
  「UVC波」という極めて短い波長の紫外線もあるのですが、通常はオゾン層にさえぎられ、地上に届くことはありません。
  最近ではオゾン層の破壊の進展で注目されるようになりましたが、今回は「UVA波」と「UVB波」について説明します。

  日差しが弱まったからといって、目に見える日焼けをすることがなくても、毎日浴びる紫外線はお肌をじんわりと傷めつけています。
  「UVA波」は、雲も通り抜けるので、曇り空の日も安心できません。
  PA分類と呼ばれる「+」の個数で示しているのが、「UVA波」に対する防御機能です。

  一方、UVケア製品でよく目にするSPF値とは、「UVB波」の防御機能を表しています。

  よって、「UVB波」が減少するこれからの季節は、SPF値ではなくPAの表示を気にしてみてください。
 
  紫外線で老化した肌と自然に老化した肌を比較すると、細胞の形や育ち方まで著しい違いが見られます。
  1年中、紫外線対策をすることで確実にお肌の老化を遅らせることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事