• このエントリーをはてなブックマークに追加

0002

  「SKE48」の「チームE」が9日、愛知・名古屋のSKE48劇場で、約2年4ヵ月ぶりの新公演チームE 5th「SKEフェスティバル」公演をスタートさせた。

  2014年5月2日から行ってきたチームE 4th「手をつなぎながら」公演が9月1日に千秋楽を迎え、この日「チームE」は約2年4ヵ月ぶりとなる新公演の初日を迎えた。

  今年6月に新公演を開始した「チームS」、「チームKⅡ」同様、今回の公演は事前に公演タイトルを発表せず、劇場ではどんな公演が行われるのか、開演を待ちわびるファンの熱気に包まれた。

  そして幕が開き、出演メンバー16人がステージに登場。
  ファンの視線をクギづけにした注目の1曲目は、「チームサプライズ」の『重力シンパシー』。
  「SKE48」のオリジナル公演でも「AKB48」、「NMB48」のオリジナル公演でもない、意表をついた楽曲にファンから驚きの声が上がった。

0003

  さらに、『キミが思っているより…』、『ほっぺ、ツネル』と「チームサプライズ」の楽曲が続き、『AKB フェスティバル』の歌詞を「SKE48」に置き換えた『SKE フェスティバル』を披露。
  16人のメンバーが満面の笑みと弾けるパフォーマンスで、新公演にかける「チームE」の気迫を見せた。

   曲のパフォーマンスを終えると、リーダーの須田亜香里は感激の涙を流し、声をつまらせながら「はじまりました! 『チームE』の新公演です。みなさんの温かい眼差しがとてもうれしいです」とあいさつ。

  今回の「チームE」のセンターとなった後藤楽々は、「この新公演でセンターをやらせて頂くことになって、まだまだな部分もたくさんあるんですけど、温かく見守って頂けるとうれしいです。私がセンターであることに色々な意見はあると思うんですけど、私のことはキライでも『チームE』のことはキライにならないでください!」と元「AKB48」の前田敦子の「総選挙」でのスピーチを彷彿とさせる言葉を残した。

0002

  ユニット曲では、「SKE48」のキャプテンの斉藤真木子が『お手上げララバイ』を披露。 今年3月に「AKB48」を卒業した高橋みなみが「チームサプライズ」で歌っていた楽曲を、高橋を慕う斉藤が得意のダンス力を活かし、堂々とソロでパフォーマンスした。

   続いて、市野成美、後藤、髙寺沙菜がキュートに『君のc/w』を、井田玲音名、木本花音、佐藤すみれはミニドレスに高いピンヒールを履いてセクシーに『涙に沈む太陽』を歌い上げた。

  また、鎌田菜月、熊崎晴香、髙寺、福士奈央が『ハングリーライオン』を、井田、酒井萌衣、佐藤、菅原茉椰、須田、谷真理佳が『1994年の雷鳴』を息の合ったダンスを織り交ぜつつクールに披露した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事