• このエントリーをはてなブックマークに追加

放課後プリンセス

  午後4時を境に制服姿の学園アイドルからプリンセスに“変身”して活動するガールズグループ「放課後プリンセス」が、ニューシングル『秘密のティアラとジェラート』のジャケット写真を公開した。

  デビュー以来、数々の“プリンセスストーリー”を表現してきた「放課後プリンセス」が選んだ今作のプリンセスは、映画「ローマの休日」に登場する“アン王女”。
  王室を抜け出して、一般市民に“変装”した姿でローマの街を探索し、24時間限定の恋に落ちる…、そんなドラマチックなストーリー展開を楽曲そしてジャケット写真で表現している。

  通常盤のジャケット写真は、メンバーたちがカラフルなメンバーカラーの衣装に身を包み、身分を隠してひと時の自由を謳歌する姿をイメージ。

  初回盤ではアン王女さながら、スペイン広場でジェラートを食べる名シーンをキュートに切り取っている。

  一方、限定盤ソロジャケット写真では王室のアン王女を表現。
  メンバーはティアラを身に着け、王女としての気品に満ちた表情でたたずんでいる。
  今回“放課後プリンセス候補生”から正式メンバーに昇格し、初めてソロジャケットを撮影した関根ささら、長澤茉里奈、小島まゆみの3人も、先輩メンバーとともに優雅にプリンセスドレスを披露している。

  また、ジャケット写真で明かされたとおり、今作では「放課後プリンセス」が“逆変身”している。
  前作『青春マーメイド』では“人魚”が魔法で“人間”に変身する様子をダンスの中に収め、“尾ヒレ”が“人間の脚”になるパフォーマンスを衣装で表現。
  その圧巻のステージングを今作では逆演出し、お忍びの休日を楽しむために一般市民に“変装”している姿から、気品と貫録あふれる“王女”本来の姿に戻る様子を、曲中に取り入れて表現しているのだ。

  9月3日からはじまった『秘密のティアラとジェラート』のお披露目では、ファンから“変身”への拍手が鳴りやまず、リリースイベント会場は大盛り上がりとなっており、要注目だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事