00002

  「でんぱ組.inc」を輩出した秋葉原ディアステージ発の6人組アイドルユニット「妄想キャリブレーション」が17日、滋賀・草津市の烏丸半島芝生広場で行われた野外フェス「イナズマロック フェス 2016」に出演した。

  「妄想キャリブレーション」は「風神STAGE」に登場。
  9月28日リリースの新曲『アンバランスアンブレラ』のブルーを基調としたポップでカジュアルな新衣装で、オープニングSEとともに登場すると、同曲を披露した。

  さらに、『人生はいじわるなの…かな?』、『YOUをちぇっくします!』と、3曲連続で立て続けに歌い上げた。

  この日は病気療養中だった胡桃沢まひるが復帰し、約1ヵ月ぶりの6人態勢でのステージとなったが、星野にぁは「じつは、まひるがちょっとお休みを頂いていたのですが、このステージには絶対に6人揃って立ちたいと、今日に向けて準備してきました!」と明かした。

  その後、『アンバランスアンブレラ』のカップリング曲の『irony』を初披露。
 
  同曲は、アニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の第1期オープニングだった楽曲をDJ’TEKINA//SOMETHINGによるアレンジでカバーすることで話題を集めていたが、桜野羽咲は「この曲は『いつか妄キャリでアニソンタイアップを歌いたい!』という私たちの夢への第一歩です!」とステージで叫んだ。

  最後はメンバーが初めて作詞にも挑戦した『アンバランスアンブレラ』を再び歌唱して会場を盛り上げた。

関連記事