• このエントリーをはてなブックマークに追加

00001

  俳優・坂上忍とお笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」らが20日、都内で行われたアニメ映画「アングリーバード」(10月1日公開)のスペシャルプレビュー試写会に出席した。

  同映画は、飛べない鳥たちが平和に暮らす島・バードアイランドを舞台に、太いまゆ毛がトレードマークで怒りんぼうのレッド、おしゃべりでお調子者のチャック、身体はデカいがビビリのボムの3羽がピッグ軍団に盗まれた大切な“タマゴたち”を取り返すために大冒険を繰り広げるアドベンチャー作品。

  怒りんぼうの主人公レッドの日本語吹き替え版の声優を務めた坂上は、「自分の声だと恥ずかしいですが、僕が声をやっていなければこの映画は泣いています。人と人じゃなく、鳥と鳥が繋がっていくところがグッときます」と感想を明かした。

  そこに、芸能界の“飛べない鳥代表“としてゲストとして招かれた「ダチョウ倶楽部」が「ちょっと! なんで俺たちにオファーないんだよ! 飛べない鳥の3人組と言ったら俺たちだろ!!」と勢いよく登場した。

  「ダチョウ倶楽部」の3人がさらに怒りをあらわにすると、坂上が「俺は役者として、そして“日本一の怒りんぼう”として声優のオファーが来たの!」と応戦。
  坂上と上島竜兵はその後も激しい口論を交わし、2人の距離が徐々に近づいていき、お決まりのキスかと思いきや、ここで坂上がスルー。
  対応に困った上島は、「なんで台本通りやらないんだ! 俺はアドリブに弱いんだ!」と怒り出し、最後はお決まりのキスで会場の笑いを誘った。

  イベント後、取材に応じた坂上は、「ダチョウさんがいると心強くて安心します。竜兵さんは、本番前に誰よりも真剣に台本を読んでいるんですが、(舞台でグダグダになるので)あれは読んでいるフリですかね」とジョークを披露。

  すると、上島は「ちゃんと覚えているんだよ!」とツッコみ、肥後克広も「あれは真剣です。一番の段取り男だからアドリブに弱いんです!」と説明した。

  また、坂上が「そういえばダチョウさんは、作品は当然観たんですよね?」と問い掛けると、肥後は「えー、不徳の致すところです」と不倫疑惑を週刊誌で報じられた歌舞伎俳優・中村橋之助が釈明会見の際に連発したフレーズを引用。

  橋之助はダチョウ倶楽部の所属事務所と業務提携していることから、上島は「あとでマネージャーに怒られます」と冷や汗をかいていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事