000

  今年3月に「THE虎舞竜」の高橋ジョージとの協議離婚が成立したタレントの三船美佳が、今月上旬までに東京家庭裁判所に財産分与請求調停の申し立てを行っていたことが一部スポーツ紙で報じられた。

  離婚裁判では三船が慰謝料、養育費を要求しなかったため、金銭面の話し合いは行われなかった。ただ三船は離婚後も、都内高級住宅地に建設した豪邸のローンを払い続けており、財産分与問題は未解決のままだった。

「2人は08年に東京・世田谷区内に土地を購入し、3階建ての新居兼音楽スタジオを建設。その後、隣接する土地を買い、三船の母で元女優・喜多川美佳さんの住居を建設した。2つの豪邸の権利は高橋と三船家が分け合い、現在、母親、長女と大阪で暮らす三船がまだローンを支払っているため、いずれ揉めるのではと言われていた」(女性誌記者)

  いわば“離婚訴訟ロード”の第二章に突入してしまった2人だが、これまで片方もしくは双方が芸能人である夫婦の離婚訴訟は泥沼化するケースが多い。

  女優の沢田亜矢子は1995年、当時自身の担当マネージャーで現在はプロレスラーとして活動する松野行秀と結婚。
  しかし、97年からは約4年に及ぶ離婚訴訟を経て、松野によるドメスティックバイオレンス(DV)も報じられ、01年3月に協議離婚が成立した。

「双方が出廷した法廷では、夫婦の“夜の営み”についても生々しく触れられ、各メディアに対して恰好の話題を提供。離婚後、松野は売名とも思える行為もあったが、タレントデビューして知名度を上げた」(スポーツ紙デスク)

  今や日本を代表する俳優となった渡辺謙は、長男で俳優の渡辺大、長女で女優の杏の母親である元夫人と泥沼の離婚訴訟を経験した。

  渡辺は、02年2月に元夫人の借金を理由に別居し、同年秋に離婚を求め提訴した。 1審の東京地裁判決は離婚を認め、元夫人への財産分与も必要なしと判断。
  元夫人は控訴したが、東京高裁判決でも控訴が棄却され元夫人は上告せずに、05年4月にようやく離婚が成立した。

「離婚の影響で、杏は高校を中退したり、大が父親と揉めるなど家族が揺れた。杏は現在も母親の面倒を見ているが、自分に子供ができたこともありようやく渡辺と“雪解け”したようだ」(前出の女性誌記者)

関連記事