%e5%ae%87%e5%b4%8e%e7%ab%9c%e7%ab%a5%e3%81%95%e3%82%93%e5%86%99%e7%9c%9f

  ミュージシャン・宇崎竜童が10日、神奈川・鎌倉の官幣中社「鎌倉宮」(大塔宮)境内で行われるジャズの祭典「鎌じゃず~鎌倉 音のカーニバル~」に出演することが分かった。

  今年で4回目を迎える「鎌ジャズ」は、歴史・文化で有名な鎌倉を「音楽の街」にしたいと考える一般市民の有志により、音楽のエネルギーが鎌倉から世界に届くことを目標にスタート。
  全世界に通じる音楽の共通言語としての「ジャズ」を柱とし、鎌倉にゆかりのあるミュージシャンによる演奏を楽しめる、鎌倉ならではの音楽イベント。
 
  今年は、宇崎のほか、渋谷毅オーケストラやJABBER LOOP、Da LUAなどが参加。
  出演アーティストたちは、厳かで神秘的な薪火に囲まれた能舞台で、鎌倉をテーマにした楽曲をパフォーマンス。
  アーティストたちが奏でる音色と木々のざわめき、月の明かり、風の囁きといった鎌倉の自然が融合した神秘的かつ成熟した時の流れが会場を包む。

  宇崎は、「鎌倉を愛する者の一人として、『鎌じゃず』のステージに立つことをとても楽しみにしています。ぜひ、いらしてください」と話している。

・「鎌じゃず~鎌倉 音のカーニバル~」 http://www.kamajazz.jp/

関連記事