• このエントリーをはてなブックマークに追加

0001

  歌手のmiwaと俳優・坂口健太郎のW主演する映画「君と100回目の恋」(来年2月4日公開)の劇中歌『アイオクリ』の詳細が発表された。

  同映画は、miwa演じる大学生の葵海を事故から救うため、坂口扮する幼なじみの陸がすべてをかけて何度もタイムリープする恋愛ドラマ。
  彼女の運命を変えるために100回人生を捧げようとした一途な男子を坂口が、彼の1回の未来を守るため、自分の運命を決めた切なさと強さを併せ持つ女性をmiwaが演じている。

  楽曲を提供したのは、ジャンルに捉われることなく緻密なサウンドアプローチと傑出した音楽性で人気を博すロックバンド「androp」の内澤崇仁。
  作詞は、主人公葵海としてmiwaが担当し、miwaにとってデビュー以来、作曲提供曲は今作が初となる。

  劇中で演奏されるバンド曲は、陸が作った楽曲に葵海が歌詞をつけ、2人で完成させていくもの。
  『アイオクリ』もまた、2人が劇中で組むバンド「The STROBOSCORP(ストロボスコープ)」がクライマックスで歌う楽曲となる。

  かねてから制作陣は、この楽曲にリアリティを持たせ、物語の中に息づく映画ならではの劇中歌とするために試行錯誤したそうで、実際の楽曲制作もmiwaだけではなく、別のアーティストと一緒に生み出す形で制作したいと考えて、映画の世界観に合うアーティストを検討していく中、監督、プロデューサー、音楽プロデューサー、全員から「androp」の名前があがり、オファーに至ったとか。

  また、主人公2人の名前“葵海(あおい)”、“陸(りく)”がひそませてあるなど、miwaが葵海として作った歌詞は、同映画に対する想いが詰まっている。
  楽曲名は歌詞を読んだ内澤が、歌詞内に“あおい”と“りく”を入れているところからのヒントをもとに、葵海と陸のアナグラムで“葵海と陸が愛を送りあう的な意味合いの「愛贈り」”、“愛で時間を巻き戻すじゃなく進める意味合いの「愛送り」”から『アイオクリ』という楽曲名となったという。

  内澤は、「miwaさんやスタッフのみなさんと何度もやりとりをする中で、作品に込められた伝えたい感情を少しずつ音で紡いでいきました」。

  miwaは、「映画のシーンとリンクしたステキな曲に仕上がりました。『葵海ならこういうことしそう!』と思って、歌詞の中にそっとふたりの名前を忍ばせて入れたのですが、それに気づいてくださった内澤さんが、ふたりの名前を入れ替えた『アイオクリ』という運命的なタイトルをつけてくださいました!」とコメントしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事