• このエントリーをはてなブックマークに追加

宮脇詩音

  歌手・宮脇詩音が12月21日に2ndフルアルバム『SHARE THE HAPPY』をリリースすることが分かった。

  デビュー10年目に突入した2016年は「トライ&エラー」を合言葉に活動をしている宮脇だが、アニメ番組「暗殺教室」のエンディングテーマ曲を担当、自らが主催するイベント「☆GIRLY PARTY」の開催や、人気アプリ「SNOW」とのコラボレーション、さらに17週連続ワンマンライブを開催するなど、躍進を遂げている。

  そんな中、ニューアルバムのタイトルは『SHARE THE HAPPY』に決定したが、宮脇は「私が今“HAPPY”だと感じることができているのは、私の音楽を聴いてくれる人がい続けてくれるからであって、そしてライブ会場とかSNSのコメントとかでも『宮脇詩音の音楽を聴いて“HAPPY”になった』って言われることがスゴく多くなってきて、“HAPPY”って一方的に提供するものでも受け取るものでもなくて、誰かとシェアし合うことで生まれるものなんだと強く感じるようになって」。

  続けて、「今回の作品が私とファンの方たちはもちろんですし、そのファンの方たちがさらに他の誰かとHAPPYをシェアするキッカケになるような、そんな作品になってくれたらいいなと思い『SHARE THE HAPPY』というタイトルにしました」とコメントしている。

  アルバムには、プロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE(Bリーグ)」に所属する「横浜ビー・コルセアーズ」の公式テーマソング『明日へのパス』のほか、昨年のハウステンボスクリスマスCMソング『最後のやさしさ』、スマホアプリ「SNOW」とのコラボ曲『#どこでもシェア』、そしてアニメ番組「暗殺教室」第2期のエンディングテーマ曲『欠けた月』、『また君に会える日』など14曲に、ボーナストラックを加えた全15トラック収録。

  付属のDVDには、新曲『明日へのパス』を含む全4作のミュージックビデオとメイキング映像が収録されるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事