• このエントリーをはてなブックマークに追加

00001

  米俳優のトム・クルーズが8日、主演映画「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」の来日会見を都内で行い、俳優の池松壮亮と再会を果たした。

  同映画は、世界で2億ドルを超える大ヒットとなった「アウトロー」の最新作。
  トムにとっては、エドワード・ズウィック監督と2003年公開の「ラストサムライ」以来のタッグとなる。

  この日の会見には、「ラストサムライ」に子役として出演した池松がゲストとして登場し、トムと13年ぶりの再会を果たした。

  トムは池松との久々の再会に興奮を隠しきれぬ様子で、「会えて本当にうれしいよ! でも驚かないよ。あの当時から素晴らしい演技をしていたからね」と笑顔。

  ズウィック監督も当時のエピソードを思い返しながら、「どんなベテランでも難しい別れの演技をするシーンだったのに、若い壮亮は最初のテイクから完璧だったんだ」と明かした。

  トムもそのシーンを振り返り、「あの時、そのシーンを付け加えるために直前にシナリオを書き足したんだよね。でも僕は日本語が分からなくて…」。

  その後、トムから「覚えている?」と問い掛けられた池松は、「覚えていないです」と苦笑交じりに正直に告白して会場の笑いを誘った。

  それでも、トムは、「本当に楽しかったし、一生懸命やったんだ。彼は重要な役で、本当にパーフェクトだった。感動したよ。君を本当に誇りに思う」としみじみ。

  池松は、「僕もあの頃は俳優になるとは自分で思っていませんでしたし、お二人に会っていなかったら東京にも来ていなかったかもしれません。お二人に出会えて人生が変わりました。ずっと指標であるというか、お二人のおかげで、まだまだ頑張っていけるなと思います」と2人に感謝した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事