• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャラン・ポ・ランタン

  唄とアコーディオンの姉妹ユニット「チャラン・ポ・ランタン」が10日、神奈川・横浜赤レンガ倉庫で行ったツアー「チャラン・ポ・ランタンと愉快なカンカンバルカンツアー2016-17 “大衆音楽の手引き”」の初日公演で、来年1月18日にニューアルバム『トリトメナシ』をリリースすることを発表した。

  「チャラン・ポ・ランタン」は、今年9月に初のカヴァーアルバムを発売し、10月からは現在放送中のTBS系ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」のオープニングテーマを担当、12月からはNHK『みんなのうた』を担当するなど活躍を見せている。

  同アルバムには、『進め、たまに逃げても』や毎日放送「ドラマディアスポリス 異邦警察」の主題歌『月』、11月から表参道ヒルズで行われるイベント「SWEETS by NAKED」のテーマソング『Sweet as sugar』など、全8曲が収録されるという。

  さらに、今年12月25日には小春のアコーディオン生活20周年を記念したソロライブが東京・浅草で開催されることも発表された。

  小春といえば、現在「Mr.Children」のツアーメンバーとして出演し、「Mr.Children」による朝の連続テレビ小説「べっぴんさん」主題歌『ヒカリノアトリエ』や高橋優のニューアルバム『来し方行く末』などのレコーディングに参加するなど、アコーディオンのプレーヤーとしても注目されている。

  今回のソロライブは、そんな小春が7歳の時に母親に連れられて行った「シルク・ドゥ・ソレイユ”」でアコーディオンと出合い、20年前のクリスマスにサンタにもらったアコーディオンを弾きはじめてから20周年を迎える記念すべき日に開催される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事