• このエントリーをはてなブックマークに追加

0002

  「SMAP」木村拓哉主演で来年4月29日に公開される映画「無限の住人」の、最強にして最悪の剣士・福士蒼汰演じる天津影久と戸田恵梨香扮する女剣士・乙橘槇絵の劇中カットが公開された。

  三池崇史氏が監督を務める同映画は、「月刊アフタヌーン」(講談社刊)で連載され、その圧倒的な画力と斬新な殺陣描写により「時代劇」というジャンルを超えたアクションコミックとして話題を呼び、累計発行部数750万部を突破した、沙村広明氏著の人気漫画「無限の住人」が原作。

  作品は、かつて100人斬りと恐れられた伝説の人斬り万次(木村)は、罠にはめられ妹を失い<生きる意味>を失った時、謎の老婆に無理やり<永遠の命>を与えられてしまう。
  斬られた傷は勝手に再生し、死にたくても死ねない<無限の体>になってしまった。
  生きるには十分すぎるその時間は、剣術の腕も鈍らせ、彼は永遠の時をただ孤独に生き続けるだけだった。
  ある日、親を殺され、仇討ちの助っ人を依頼したいと現れた少女。
  どこか妹に似ているその姿に、無限の命を使い、用心棒として少女を守ると決めた。
  だが、それは不死身の万次をも追い込む予想外の戦いのはじまりだった…というストーリー。

  映画では、木村のほか、福士蒼汰、市原隼人、戸田恵梨香、北村一輝、栗山千明、満島真之介、市川海老蔵、田中泯、山﨑努ら豪華キャストが参加している。

  今回、公開されたのは福士と戸田の出演シーン。

  福士が演じるのは、日本随一の強者たちを従えた“勝つことのみを目的とする”剣客集団・逸刀流の統主・天津影久。
  無天一流の道場を襲撃し、浅野凜の両親を惨殺する凜の仇討の相手だ。
  「るろうに剣心」の志々雄真実のように、目的のためなら手段を選ばず、美しすぎるその姿からは想像もできないほどの圧倒的な強さ誇る最強の剣士。
  解禁された場面写真では、眼光鋭く、統主としての風格を漂わせている。

  自身初の悪役を演じた福士は、「(観客から)どう見られるかというのは僕自身も楽しみです」とし、「暴力的という言葉を強く意識して演じた」と話している。

  刀を使った本格的な立ち回りも初めてだったそうだが、運動神経の良さと筋の良さは指導にあたった殺陣師も絶賛し、クライマックスで繰り広げられる、万次との鬼気迫る決闘シーンは本作のみどころの一つとなっているという。

0001

  一方、戸田が演じるのは、天津に次ぐ実力を持つ女剣士・乙橘槇絵。
  天津への思慕を秘め、人生さえも天津にささげる彼女は、普段は遊女に身を投じる役どころだ。

  本作で初の本格的なアクション映画への出演を果たした戸田は、「槇絵は格好よさと儚さ(はかなさ)と可憐さをもつすごく魅力的な女性で、そういう女性像は今まで演じたことがなかったですし、演じていてとても気持ちが良かったです」。

  また、木村との共演は2005年放送のフジテレビ系ドラマ「エンジン」以来10年ぶりとなるが、「アクションに対して無知だったので、その無知な私に色んなコツややり方を木村さんがすごく丁寧に教えてくださって、本当に助けられながらやってこられました」とコメントしている。

  解禁された場面写真は万次との対決シーン。
  今まで彼女を見た人間は必ず死に追いやられており、その身軽さを活かしたアクロバティックな技の数々で万次を徹底的に追い詰める。

(C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事