• このエントリーをはてなブックマークに追加

0001

  「SMAP」木村拓哉主演で来年4月29日に公開される映画「無限の住人」で、俳優・市原隼人と女優・栗山千明の出演する劇中カットが公開された。

  三池崇史氏が監督を務める同映画は、「月刊アフタヌーン」(講談社刊)で連載され、その圧倒的な画力と斬新な殺陣描写により「時代劇」というジャンルを超えたアクションコミックとして話題を呼び、累計発行部数750万部を突破した、沙村広明氏著の人気漫画「無限の住人」が原作。

  作品は、かつて100人斬りと恐れられた伝説の人斬り万次(木村)は、罠にはめられ妹を失い<生きる意味>を失った時、謎の老婆に無理やり<永遠の命>を与えられてしまう。
  斬られた傷は勝手に再生し、死にたくても死ねない<無限の体>になってしまった。
  生きるには十分すぎるその時間は、剣術の腕も鈍らせ、彼は永遠の時をただ孤独に生き続けるだけだった。
  ある日、親を殺され、仇討ちの助っ人を依頼したいと現れた少女。
  どこか妹に似ているその姿に、無限の命を使い、用心棒として少女を守ると決めた。
  だが、それは不死身の万次をも追い込む予想外の戦いのはじまりだった…というストーリー。

  今回公開されたのは、万次と雇い主・凜に共闘を持ち掛ける「無骸流」の剣客ふたり、己の欲望だけに生きる極悪非道の剣士・市原隼人演じる尸良と、栗山千明演じる金髪の美女剣士・百琳の劇中カットだ。

  市原が演じるのは、逸刀流を狙う集団「無骸流」に所属し、己の欲望だけに生きる極悪非道の銀髪剣士・尸良。
  福士蒼汰演じる天津影久を倒すべく、用心棒・万次と雇い主の少女・凜に共闘を持ちかける役どころだが、じつはある思惑が…。

  市原は、「間違いなくこれまで演じたことのない最恐の役でした」と振り返り、「ここまでやっていいのかなと演じていて気持ち良かったです。観ているお客さんが、出てくるたびに『うわ、めんどくせぇな』とか『うわ、出てくんなよ』と思って頂けたらうれしいです」とコメントしている。

0002

  一方、栗山扮するのは、尸良と同じく「無骸流」に所属する姉御肌の金髪美女剣士・百琳。
  本作で、栗山は自身のトレードマークとも言える黒髪を封印し、原作通りの金髪に染め上げて撮影に挑んだという。
  場面写真の眼光鋭く異様な姿は、尸良と同様に測りしれない恐ろしさを漂わせている。

(C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事