「AKB48」の高城亜樹と永尾まりやの卒業コンサートが21日、東京ドームシティホールで開催された。

AKB48

 昨年12月に「AKB48」からの卒業を発表した2人。 その卒業コンサートは、AKB48グループ初となる合同開催という形で行われた。

AKB48

 コンサートは、永尾まりやと同期である9期生たちとのパフォーマンスで幕開け。 9期生のお披露目公演で披露した『RIVER』、かつての「チーム4」のメンバーにとっては愛着のある『走れ!ペンギン』、フリが覚えられなくて苦労したという『そばかすのキス』と、永尾や9期生にとって思い出深い楽曲が披露された。 続いて、今度は高城が登場。 ステージに設置された“高城家の大きなこたつ”に、大家志津香と北原里英と並び、高城が最速で研究生から正規メンバーに昇格したことなど思い出話に花を咲かせた。 高城の“こたつ”に対し、永尾はBARのセットで、次々に“来店”するメンバーたちとトークを繰り広げた後、『アボガドじゃねーし』や『ジッパー』、『君は僕だ』などのユニット曲をメドレーでパフォーマンス。

AKB48

 公演も中盤に入り、それまで別々にステージに登場していた高城と永尾がついに同じステージに立つと、高城が憧れている小嶋陽菜と大島優子のユニット曲『スキャンダラスに行こう』を一緒に披露。

 その後も“高城家のこたつ”には次々にメンバーが訪問し、伊豆田莉奈が卒業記念ポスターと称して自分がメインのポスターを高城にプレゼントすれば、卒業生の内田眞由美も登場し、『渚のCherry』を歌い上げて会場を盛り上げた。

AKB48

 

関連記事