• このエントリーをはてなブックマークに追加

0001

  アイドルグループ「GEM(ジェム)」が20日、東京・秋葉原AKIBAカルチャーズ劇場で定期公演を行い、来年2月15日にリリースする新曲『Sugar Baby』を初披露した。

  同曲は、リリース前日のバレンタインデーにちなんだ恋愛ソングで、歌詞には、「あなたのコト 大好きなの」、「ねぇ ねぇ へこんでないで 明日こそ 気づいてもらうの 臆病 でも…大好きなの」といった恋する女のコの心情が歌詞として綴られている。

  また、ダンスも今までの「GEM」のクールな雰囲気とは一変、キュートで可愛らしいパフォーマンスとなっている。
  今作から”ダンスリーダー”に就任した小栗かこは、振り付けを考える際に、サビではファンと一緒に踊れる振付にしたいとこだわったとか。
  さらに、今作のダンスを“小悪魔ダンス”と説明し、じらすような仕草からの、猫のようなニャンニャンとした振り付けで、小悪魔っぽい女のコが詰め込まれたダンスになっているという。

  小栗は、「みなさん、この“小悪魔ダンス”を世界中の人に届けてください!!」とアピールした。

  「GEM」といえば、来年1月から初の全国ツアーを実施することが発表されたばかりだが、村上来渚は「最近、『GEM』のライブに来てないなという人にも、来てもらいたい。そして次にもっと大きなステージに立てるように、ちゃんと確実に成功させたい」。

  伊山摩穂は、「ただ、格好良く踊って歌っているだけのライブじゃつまらないなって思って。見てくれる人の心がワクワクするようなライブにしたいなって思っています!」と意気込んだ。

  熊代珠琳は、「いつもGEMILY(=GEMのファン)に来てもらう側だから、今度は会いにいけるっていうのがうれしい」とし、南口奈々も「東京では会われへん人と会えるのが楽しみなんですけど、プラスして、そこで新しいGEMILYもできたらいいなって思ってます」と話した。

  そんな中、今年6月に新メンバーとなった西田ひらりは、同じタイミングに加入したメンバーが脱退したことに触れ、「寂しい気持ちもあったし、頼っていた部分もあったので不安もあったんですけど、メンバーのみなさんが支えてくれて、すごく心強かったし助かりました」と感謝した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事