• このエントリーをはてなブックマークに追加

00001

  「欅坂46」の平手友梨奈、菅井友香、渡辺梨加、渡邉理佐、守屋茜が21日、都内で行われた「『欅坂46×マネーパートナーズ』マネパカード宣伝部の発足式に出席した。

  「欅坂46」は、同社のプリペイド型電子マネー「マネパカード」の宣伝部に就任。
  同社社長から辞令を交付された平手は、「こんなステキな機会を頂いて、うれしいです。新人の私たちで力不足かもしれないですけど、全力で『マネパカード』を世界に広げたいです」と意気込んだ。

  海外にはまだ行ったことがないそうだが、「タイに行って美味しいものを食べたいです」とニッコリ。

  さらに、「私は(メンバー)最年少なんですけど、守屋茜は私にとってお姉ちゃん的な存在なので、『マネパカード』で何か買ってほしいです」とおねだりして会場の笑いを誘った。

  5人の中で唯一海外へ行ったことがある菅井は、米グァムとハワイを訪れたことがあるそうで、「以前に行った時には、私がお金の自己管理ができないんじゃないかと両親が心配してカードを作ってくれなかったので、今度は『マネパカード』で上手にお買物をしたいです」と意欲を見せた。

  そのうえで、「私には一つ夢があって。メンバー全員でどこかに旅行へ行きたいので、『マネパカード』で思い出作りがしたいです」と話した。

  渡辺は「マネパカード」で買いたい物を聞かれると、「洗濯機がほしいです」と答えて笑わせた。

0002

  今年4月に1stシングル『サイレントマジョリティー』でデビューして活躍を見せている「欅坂46」だが、デビューからの1年間を振り返って平手は「一番大きかったのはドラマをやらせてもらったことですね。ツラかったこと、楽しかったこと色々とあるんですけど、(メンバー同士の)絆が少し生まれたかなと。色んなことをやらせて頂いて、勉強した1年でした」。

  大みそかの「NHK紅白歌合戦」への出場も期待されているが、「今年はデビューしたばかりですし…」とし、「でも、いつかは出させて頂きたいです」。

  菅井も「今年デビューさせて頂いて、まだまだだなと。大規模な音楽番組に出させて頂くのはスゴいことなので、一生懸命に力をつけていきたいです」とさらなる飛躍を誓った。

  また、先日に「2016ユーキャン新語・流行語大賞」の候補後が発表されたことから、「最近メンバーの間でハヤッている流行語は?」と質問されると、平手は今月30日に3rdシングル『二人セゾン』をリリースすることに触れつつ、「言葉の語尾に“セゾン”をつけるのがハヤッています。『お待たセゾン』とか」と明かした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事