• このエントリーをはてなブックマークに追加

0003

  来年2月に卒業コンサートを行う「AKB48」の小嶋陽菜のプロデュースによる「小嶋陽菜『好感度爆上げ』公演」の初日公演が21日、東京・秋葉原のAKB48劇場で行われた。

  同公演は、グループからの卒業を発表している小嶋が卒業までに好感度を上げようと、自ら企画した特別公演。
 
  オープニングの映像では、グループ立ち上げから今までの各年の小嶋の劇場公演の出演回数が発表された。
  最近はモデル業などソロの仕事が多く、今年は計3回と休演しがちな現状が明らかにされると、小嶋は「このままでは終われない!」、「残された在籍期間で可能な限り公演に出演する!」と宣言した。

  そしてこの日の公演がスタートし、「私の原点」という初めて務めたユニット曲の『スカート、ひらり』を披露するかと思いきや、しばらくすると「ちょっと待って!」とパフォーマンスをいきなり強制ストップ。

  驚く周りのメンバーに対して、「なに!? このしょぼいメンバーは!」と厳しいダメ出しをし、会場の笑いを誘った。

  おかんむりの小嶋を、最近は付き人と化しているという伊豆田莉奈らが何とかなだめてパフォーマンスを再開するという、前代未聞の幕開けとなった。

0001

  MCコーナーでは、盟友の峯岸みなみが、「こじはるの劇場への愛が詰まった公演と見せかけて、リハ時間がほとんどいらいない曲と、比較的スケジュールが空いているメンバーで構成された“寄せ集め公演”です」と暴露。

  これに対して小嶋は、「好きな曲で、大好きな可愛いメンバーたち」と一度は否定するも、「スペシャルな寄せ集めです」と話して笑わせた。

  ユニットパートでは、すべてのユニット楽曲に小嶋が登場。
  「チーム8」から唯一の参加となった岡部麟との『蜃気楼』、“小嶋姉妹”の次女として、「こじはるポジションを目指す」と宣言した小嶋菜月らとの『抱きしめられたら』などをパフォーマンス。
  衣装の早替えも披露して存在感を放った。

0004

  本編のラストは、『ハート・エレキ』と『Green Flash』と自身がセンターを務めた「AKB48」のシングル曲で締めくくった。

0002

  アンコール明けの『純愛のクレッシェンド』には、渡辺麻友が特別ゲストとしてサプライズ出演。

  ここでも小嶋は、「来てくれてよかった」、「華を添えてくれてありがとう」と、他のメンバーのことは差し置いて渡辺に感謝して笑いを誘った。

  そんな小嶋もラストの『夕陽を見ているか?』では、「私のわがままに付き合ってくれるメンバー、スタッフ、そしてファンのみんな、本当ありがとうございます。残り少ない時間ですが、『AKB48』として頑張ります」と感謝。

  公演後には、恒例となった公演の記念写真を自ら手売りし、ファンを喜ばせた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事