• このエントリーをはてなブックマークに追加

飛鳥凛

  女優・飛鳥凛が、初ヌード写真集「凛」(講談社刊)を来年2月6日にリリースすることが分かった。

  飛鳥はデビュー10周年を迎え、来年2月11日に公開される映画「日活 ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」で中田秀夫監督作品「ホワイト・リリー」に主演。

  写真集はこの映画の”アフター&サイドストーリー”をイメージして制作され、官能的な演技で女優としての新境地を開いた飛鳥がカメラの前で初めて裸身を解放している。

  ロケは、伊豆の下田をメインに、横浜の古びたバー、都内のスタジオで慣行。
  雨の温泉街、旅館の浴場、人目につかない入江や砂丘を舞台に、25歳のまぶしい肢体のすべてを魅せている。

  飛鳥は「初めての写真集、初めてのヌードを、10周年の節目としてこのタイミングで作れたことをすごくうれしく思います。これまでにないくらい、すべてをさらけ出した作品なので、ぜひみなさまに見て頂けたら幸いです。 全精力をかけて挑んだ作品なので、たくさんの方に観て頂きたいです」とコメントしている。

  なお、飛鳥のヌードショットは今月5日発売の「週刊現代」(講談社刊)で初解禁されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事