• このエントリーをはてなブックマークに追加

植田真梨恵

  シンガーソングライター・植田真梨恵が13日、大阪・あべのキューズモールで2ndアルバム『ロンリーナイト マジックスペル』の発売記念イベントを行った。

  雨が降りしきる寒空の中、活動拠点の大阪のステージに立った植田は、自身の代表曲とも言える『心と体』や『わかんないのはいやだ』を熱唱。

  植田は、「本日はあべのキューズモールにお越しのみなさん、どうもこんばんは。感情型シンガーソングライターの植田真梨恵です! 寒い中、そして雨の中、濡れながらのライブですが、みなさん元気ですか? 大丈夫ー? 後ろの方まで聴こえていますか? 今日は植田真梨恵のメジャー2nd フルアルバム『ロンリーナイト マジックスペル』のフラゲ日です!! 風邪ひかないよう、心温かにして帰ってもらえるよう努めますので、もう少しお付き合いください!!」とあいさつ。

  その後、同アルバムに収録されている『夢のパレード』や『悪い夢』、『ダイニング』を披露すると、最後の曲『スペクタクル』では一際力強い声で歌い上げた。

  そして「また会おう!!」と叫ぶように言葉を残し、ステージを後にした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事