• このエントリーをはてなブックマークに追加

0001

  AKB48グループの初の海外姉妹グループ「JKT48」が17日、デビュー5周年記念コンサート&仲川遥香卒業セレモニーをインドネシア・バンドンのTransLuxury Convention Centerで行った。

  超満員となる3000人の観客が集まる中、「JKT48」のメンバー総勢68人が出演した5周年記念コンサートは、最新シングル曲『最高かよ』で幕開け。

  今回のコンサートは、これまでの「JKT48」の5年間を「doubt(疑い)」「struggle & tears(もがきと涙)」「happiness & love(幸せと愛)」「challenge(挑戦)」「dreams(夢)」の各テーマで演出され、インドネシアで人気の楽曲『RIVER』など含め、それぞれのテーマに合わせた曲が披露された。

  中盤では、近野莉菜によるインドネシアの大衆音楽「ダンドゥット」、メンバーによるJKT48バンドの演奏が披露された。

  ユニットやダンスチームも盛り上がりを見せて『前しか向かねえ』、『未来の扉』で5周年の思いを締めた。

00002

  アンコールでは12月末のJKT48劇場での公演をもって卒業を予定している仲川遥香の卒業をテーマに、思い出の楽曲がパフォーマンスされた。

  2012年8月に「AKB48」から移籍した仲川がジャカルタに来て初めて選抜入りした『ごめんね、SUMMER』からはじまり、『大声ダイヤモンド』などを披露。

  終盤に近づき、ひまわりのドレスに包まれた仲川の登場とともに『夢の河』のイントロが流れると、別れの近づきを感じた会場からは悲鳴が起こった。
  メインで歌うサビでは、仲川が感情を高ぶらせて声を詰まらせてしまう場面も…。

  続くMCでは仲川から感謝の手紙が読まれ、卒業の定番曲『桜の花びらたち』となり、メンバーもファンも涙を浮かべながら熱唱。
  最後は、仲川が初めてセンターポジションを務めた『恋するフォーチュンクッキー』、そして『ヘビーローテーション』をパフォーマンスし、会場が一体となる中でフィナーレを迎えた。

  仲川は「『JKT48』も5周年、大きくなりましたね! みんなが成長していく中、私も『JKT48』のメンバーと一緒に成長できたかと思います。自分で来ようと決めて来た場所で、そして一番大好きなメンバーと卒業セレモニーができたこと、本当にうれしく思います。すごくキレイな、ひまわりをモチーフに作ってもらったドレスを着てみんなに見送ってもらえました。10年間あきらめずにやってきて良かった!」。

  続けて、「ファンの方にもたくさん来て頂き、アンコールは『ハルカありがとう』とのコールもあり、ジャカルタでこんなにも多くの人に支えてもらったのだとあらためて実感しました。メンバーもファンのみなさんも私の家族です。ジャカルタに来られて良かった。大好きな場所です」とコメントした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事