• このエントリーをはてなブックマークに追加

00002

  アイドルグループ「SUPER☆GiRLS」が22日、メジャーデビュー6周年を記念した「スーパーガールズ六周年記念公演」を東京・日本橋三井ホールで行った。

  「SUPER☆GiRLS」は2010年12月22日にアルバム『超絶少女』でメジャーデビュー。
  6年間で、通算15枚のシングルと4枚のアルバムをリリースしてきた。

  そんな記念すべきメジャーデビュー日にステージに立ったメンバーたちは、1部ではグループの“第1章”と呼ばれる2010年から2014年2月23日、2部では“第2章”、“第3章”である2014年2月23日から現在と、自分たちの歩んできた歴史に沿ってライブ&トークを行った。

  1部では、「SUPER☆GiRLS」の生まれたオーディションから歌われてきた『絆デイズ』を、1期メンバーである志村理佳、渡邉ひかる、宮崎理奈、溝手るか、前島亜美の5人で歌唱。
  6年を歩んできた彼女たちの歌に、グループをデビュー当初から応援しているファンたちにとっては感慨深いものとなった。

  リーダーの前島は、「私は、今年の6月にリーダーになって、より一層“1期の大切さ”を感じていて。本当にみんなのことが大好きだし、本当に支えられているんだなって思いました」と、現在体調不良で休んでいる田中美麗も含めた、1期生メンバーへの想いを語った。

  2部では、2期メンバーとして加入した渡邉幸愛、浅川梨奈、内村莉彩の3人で『初恋ラビリンス』を歌唱。
  「SUPER☆GiRLS 」に加入して、約3年弱、ソロでも青年誌の表紙を飾ったり、ドラマや映画に出演したりと、入気急上昇中の浅川をはじめ、グループの顔として活躍が目覚ましい2期生の3人は、加入当初からは、想像もつかないほど成長した姿を見せた。

  また、今年6月に加入した新メンバーの木戸口桜子、尾澤ルナ、阿部夢梨、石橋蛍、長尾しおりの5人は『恋は初心者マーク』を披露し、初々しい姿で「SUPER☆GiRLS」にフレッシュで新たな風を吹かせた。

  トークコーナーでは、メンバーたちが2013年に行った武道館ライブに触れ、「武道館でステージに登場した際に、いつも応援してくれているファンの方々が前の方にいて、その方々を見て思わず泣いてしまった」など、懐かしいエピソードも飛び出した。

  さらに、「辛いことも大変だったことも、楽しいことも色々あった6年間。あの時があって、今があって、20人いたからこそ、『SUPER☆GiRLS』があるんだと思う」と、この6年間を振り返った。

  そして、「2017年も、CDリリースやライブなど活動し、もっともっと上を目指したい」とさらなる飛躍を誓った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事