• このエントリーをはてなブックマークに追加

00002

  「AKB48」が27日、東京・秋葉原のAKB48劇場で特別公演「僕がここにいる理由」の千秋楽を迎えた。

  同公演は、大リーグ・ヤンキースの田中将大投手が「この子たちの公演が観たい!」とメンバーやセットリストを厳選した特別公演。

  センターを務める横山由依は、冒頭のMCで「1年ぶりぐらいになってしまいまして、今日はご本人も来てくださっておりますが、ついに千秋楽を迎えさせて頂くことができました。ありがとうございます。みなさんにも存分に楽しんで頂きたいと思います。」とあいさつ。

  ステージ上で撮影するメンバーの集合写真では、客席で公演を観ていた田中投手からボールを握る手の形のポーズをメンバーたちが伝授されて撮影に臨んだ。

  同公演の初日では、加藤玲奈の男装、田野優花の初の『エンドロール』など、メンバーの意外性が話題となったが、この日のユニット曲では、『君がペガサス』で加藤と小嶋真子が、じつは勝手に振りを変えていることや、木﨑ゆりあが勝手にハモっていたことのツッコミ合いに。

  田野は、観客席にいる田中投手に向けて目を合わせようと何回もチャレンジしたものの、まったく目が合わなかったことを明かし、「次こそは目を合わせるぞ!」と気合を入れ、田中投手のテレ笑いを誘った。

  最後のMC で横山は、「千秋楽ってさみしいなぁ。この公演は終わりですが、これからもAKB48 劇場では色んな公演をやっていくと思いますので、もし今日楽しかったと思えて頂けたら、また遊びに来て頂ければうれしいです」。

  さらに、「マー君、第二弾も作ってください! お願いします!」と田中投手に次の公演をおねだりしていた。

  田中投手は、「公演をプロデュースするという貴重な経験をさせて頂き、本当にありがとうございました。公演を考えるにあたっては、『この曲順だと体力的にキツくならないか?』とか、『ファンのみなさんも一緒に盛り上がれる曲なのか?』とかを妻の意見も聞きながら構成したので、メンバーのみなさんの意見も聞きたいですね」。

  続けて、「この劇場に来たのは3回目ですが、やっぱり自分がプロデュースさせて頂いたこの公演が一番印象に残りました。今日の千秋楽で素晴らしいパフォーマンスを見ることができて、本当に良かったです。ありがとうございました」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事