• このエントリーをはてなブックマークに追加

浜崎あゆみ

  浜崎あゆみが12月29日、30日、31日の3日間にわたって年末恒例のカウントダウンライブ「ayumi hamasaki COUNTDOWN LIVE 2016-2017 A 『Just the beginning -20-』」を東京・国立代々木競技場第一体育館で行った。

  1年の締めくくりと新しい年のはじまりを記念するプレミアム・ライブとして人気を誇る浜崎の年末ライブは、今年で17年連続17回目の開催。
  これまでに約48万人を動員し、今年の開催で50万人を突破した。

  また、開催地となる国立代々木競技場第一体育館が来年から修復工事に入るため、今年の開催をもっていったんピリオドを刻むことになる。

  ステージは、「忘れることもできる、忘れずにいることもできる、けれど忘れられないことがある。夢の世界へようこそ』という浜崎のナレーションで幕開け。
  いきなりのセンターステージ上空でのフライングパフォーマンスから、ライブ初歌唱となる1999年のシングル曲『kanariya』でスタートした。

  浜崎のライブといえば、2016年夏のツアー「ayumi hamasaki ARENA TOUR 2016 A ~M(A)DE IN JAPAN~」で指定ゾーンでのライブ写真撮影を解禁して大きな話題を呼んだが、今回のライブでは本編すべてで撮影が可能となり、さっそくスマートフォンを掲げるファンの姿も数多く見受けられた。

  その後も、浜崎は『Fly high』、『UNITE!』、さらにはデビュー曲の『poker face』、『Depend on you』など、初期の大ヒット曲も惜しげもなく披露。
  約30mのベールをまとったドレスで『M』を、冬バラード『No way to say』などを歌い上げて、会場を盛り上げた。

  カウントダウンは『taken’2 myself』で、「Happy New Year!!!!!」と満員のオーディエンスと新年を祝い、本編はヒット曲の『Voyage』で幕を閉じた。

  アンコールでは、『Boys & Girls』、『evolution』、『SURREAL』などを含む12曲に及ぶメドレーを、アリーナ会場では初となるトロッコでの外周パフォーマンスで熱唱。
  最後は、長年ファンに愛される『Who…』を歌い上げて“聖地”での17年の歴史を感動的に締めくくった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事