• このエントリーをはてなブックマークに追加

浅川梨奈

  “1000年に1度の童顔巨乳”として昨年ブレークしたアイドルグループ「SUPER☆GiRLS」の浅川梨奈が2017年のさらなる飛躍を誓った。

  現在17歳の高校2年生の浅川は、2015年6月に「週刊プレイボーイ」に初めて単独でグラビア出演を果たすと、キュートな童顔フェイスと16歳とは思えぬ豊満なボディーで“1000年に1度の童顔巨乳”としてブレーク。
  「週刊ヤングマガジン」でも初登場にして表紙、巻頭、巻末ぶち抜きと大抜擢され、その後も多くの青年誌の表紙を飾った。

  さらに、昨年12月にリリースされた「SUPER☆GiRLS」の15thシングル『恋☆煌メケーション!!!』では初のセンターに抜擢。
  「第39回日本アカデミー賞」で最優秀脚本賞を受賞した足立紳氏が監督デビューを果たしたことでも話題の映画「14の夜」にはヤンキー役として出演。
  また、12月から放送の高校麻雀部を舞台にしたMBS/TBSドラマ「咲-saki-」に原村和役で出演したほか、アイドルヲタクという一面も注目されてバラエティー番組にも出演した。

  プライベートでも、以前に「SMAP」香取慎吾主演のドラマ「幽かな彼女」で共演し、プライベートでも親交のある広瀬すずとの2ショット画像をTwitterにアップすると、2人のソックリぶりに、たちまち「双子?」と話題なった。

  今年1月25日には初写真集「なないろ」の発売も決定している浅川は昨年を振り返り、「怒涛の1年で、たくさんの方に出会い、支えて頂いたなと思っています。2016年の浅川を支えてくださったみなさま、ありがとうございました!」と感謝。

  そして、「2017年、もっと活動の幅を広げて応援してくださるみなさまに支えて頂きながら、少しずつさらに成長できる1年にしたいです!」と意気込んだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事