• このエントリーをはてなブックマークに追加

美空ひばり

  故美空ひばりさんの生誕80周年を記念し、現存する「NHK紅白歌合戦」の映像・音声をパッケージ化した永久保存限定盤、NHK出版DVD+BOOK「永遠の美空ひばり 紅白のすべてと伝説のNHK番組」が、3月29日にリリースされることが分かった。

  今作は第8回(昭和32年)から第30回(昭和54年)まで、NHKに現存するすべての「紅白」でのひばりさんの歌唱シーンを収録。
  ラジオ音声6本とテレビ放送10本の計16回分の音声と映像が収められる。

  テレビ史上最高記録となる視聴率81.4%を記録した第14回の放送や、久々の登板となった第30回放送、1965年に「レコード大賞」を受賞した直後、「紅白」に絣の着物に袴姿で歌った『柔』、1970年に「紅組」の司会という大役を終え、大トリで歌う『人生将棋』の映像なども収録。
  1966年の『悲しい酒』では、発売直後のためか間奏のセリフがまだ入っていない、珍しい映像となっている。

  さらに、NHK最古のひばりさんの歌声となる、1952年から1955年までNHKラジオ第1で放送された音楽番組「黄金の椅子」の音源も収録。

  NHK年鑑によると“現在、軽音楽界の第一線に活躍する歌手、作曲家、作詞家を、黄金の椅子に迎えて、その作品を中心として、半生のプロフィールを伝記的に紹介する”という歌謡番組であり、ワンマンショー形式のこの人気歌謡番組に、ひばりさんは最年少(16歳)で出演している。
  当時全盛期を迎えていたラジオ放送の、瑞々しい息吹きが感じられる貴重な音源となっている。

  また、多くの大物歌手、俳優との豪華共演や、宮田輝・高橋圭三・山川静夫アナなどの司会も懐かしい、NHKならではの映像もたっぷり収められている。

  そのほか、人間・加藤和枝の核心に迫るドキュメント番組の映像や、ひばりさんの歩みと機微を知り尽くしたプロデューサーの渾身の筆と、親交の深い著名人が語るひばりさんへの想い、NHKアーカイブスに眠る希少な写真を初公開する愛蔵版BOOKも同梱。
  NHKに残る1953年から2003年放送の全20番組、約230歌唱を復刻した永久保存限定盤となっている。

  株式会社ひばりプロダクションの代表取締役社長の加藤和也氏は、「このたび美空ひばりの生誕80年を記念して、NHKに残された貴重な番組の数々が発売されるとのこと大変感謝しております。なかでも『紅白歌合戦』は何度もトリで歌わせて頂き、また1970年には司会も務めさせて頂くなど母にとっては大変思い出深い番組だったと思います。美空ひばりの懐かしい歌声や映像で皆様の青春時代を思い出していただけると幸いです」と話している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事