• このエントリーをはてなブックマークに追加

001

  歌手・夏木マリと歌舞伎俳優、尾上松也が、3月10日公開のディズニー映画「モアナと伝説の海」の日本版声優を務めることが分かった。

  同映画は、「アナと雪の女王」、「ズートピア」に続くディズニーの最新作。
  南の島で育った少女モアナが、世界を救うため大海原へ旅立つ冒険物語だ。

  モアナのよき理解者のタラおばあちゃん役で、ディズニー声優初挑戦となる夏木は、「おばあちゃん役は大好き! ディズニー・アニメーション作品でおばあちゃんの役があったら参加したいと思っていました!」。

  続けて、「私は南の島には縁がなかったのですが、夏に突然ハワイに行きたくなったんです。帰った途端に今のお話が来て、モアナに導かれたと思いました。タラおばあちゃんはモアナを導いていくキーパーソンで、傷付いたり、悩んでいるモアナの背中をそっと押してあげる存在です。収録中は、モアナに話しかけるように歌いました。自分で作った歌は自分のメッセージがありますので自分なりに歌うわけですが、キャラクターのある歌はキャラクターの心の叫びや喜びを歌で表現しなければいけないので、難易度は高いと思いますね」と明かす。

  そして、「この映画は海のお話なのですが、このお話で描かれている海は南の島だけではなくて、私たちが生きている世界そのものだと思います。現代を生きている人たちに観て欲しい作品になっています。冒険をして自分の心に素直に生きていく、そんなテーマが含まれているのでぜひご覧頂きたいと思います」とコメントしている。

  一方、松也は相棒としてモアナを支え、一緒に冒険をする伝説の英雄のマウイの声を演じる。

  今作が声優初挑戦となるが、「本当にうれしい! 僕の幼少期はディズニー無しでは語れないです。俳優というお仕事をしていますので、いつかディズニー・アニメーションの声優が出来たら最高だなとずっと思っていましたので、夢がかなった気持ちです」と喜びをあらわに。

  さらに、「歌舞伎はさまざまなお芝居の中でも、色々な出来事を誇大に表現する技法を使います。吹替というお仕事は初めてでしたが、自分が動かず、動いているキャラクターに声を吹き込んで命を与えるお仕事ですので、そのキャラクターの気持ちを作って演じるという点では、根本的なところで一緒だと感じました。ただ、普段の歌舞伎や俳優のお仕事と違う点は、相手が目の前に居てその相手との掛け合いを想像しながら演じますが、吹替というお仕事は1人で画面を見ながら、自分がその状況に居ることを想像して演じることは初めての経験でした」と振り返る。

  そのうえで、「モアナやマウイの葛藤は大人も共感できると思います。なにかを成し遂げたい、なにかを超えたい、乗り越えたいけどその一歩が踏み出せない人はたくさんいると思いますので、それを踏み越えるにはどうしたらいいのか、その先にはなにがあるのか、この作品を通じて感じることが出来ると思います。観る人の世代も性別も問わない作品だと思います」と語っている。

© 2016 Disney. All Rights Reserved.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事