• このエントリーをはてなブックマークに追加

0002

  歌手・イルカが15日、「イルカ45周年 イルカのミュージックハーモニー25周年記念 青春のなごり雪コンサート」を東京国際フォーラムで開催した。

  コンサートは、デビュー45周年とニッポン放送のラジオ番組「イルカのミュージックハーモニー」の放送開始25年を記念して行われたもの。

  イルカは、1971年4月にフォークグループ「シュリークス」に参加してデビュー。
  同番組は1991年10月にスタートした。

   約5000人の観客が集まる中、イルカは約4時間にわたってステージで熱唱。
  当日は、伊勢正三、太田裕美、小椋佳、松山千春、小田和正、南こうせつと親交の深いアーティストも祝福に駆けつけた。

  小田が「日曜の朝、番組をよく聴いていますよ」と話し、イルカが「今朝の番組でも小田さんの曲をかけたわよ」と答えると、小田は「僕が聴いている日には僕の曲がかかったことはないなあ」と返すなど、和気あいあいとした雰囲気。
  松山も、軽妙なトークで会場を盛り上げた。

  さらに、『神田川』、『22才の別れ』、『木綿のハンカチーフ』、『愛燦燦』、『大空と大地の中で』といったおなじみの曲はもちろん、イルカは伊勢、こうせつと『なごり雪』、太田と『君と歩いた青春』、小椋と『さらば青春』、松山と『海岸通』、小田と『言葉にできない』をセッションするなど全20曲を披露した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事