• このエントリーをはてなブックマークに追加

00003

  AKB48グループの国内6番目の姉妹グループで、兵庫・岡山・広島・山口・愛媛・香川・徳島の7県に囲まれた「瀬戸内」を拠点に活動する「STU48」の第1期生オーディションの募集が16日にスタートした。

  「STU48」は、東京・秋葉原を拠点とする「AKB48」や名古屋・栄を拠点とする「SKE48」など都市を拠点とするこれまでの姉妹グループとは異なり、兵庫・岡山・広島・山口・愛媛・香川・徳島の7県に囲まれた「瀬戸内」が拠点。
  瀬戸内の地域活性化の一役を担い、瀬戸内の象徴になり得るグループを目指すという。

  また、AKB48グループといえば、各姉妹グループが専用劇場を活動拠点としているが、「STU48」は瀬戸内海を公開する「船上劇場」が拠点となる。

  募集のスタートにあたり、AKB48グループ総合プロデューサーの秋元康氏は、「自分の魅力は何なんだろう? 本人には、なかなかわからないものです。何も気負うことなく、オーディションに応募してください。僕たちがあなたの魅力を見つけ、才能を伸ばします。オーディション会場でお会いしましょう」とコメント。

  「AKB48」の渡辺麻友は、「後悔しないよう、勇気を振り絞って応募してほしい! 私も、ここで応募しなくて後々後悔するのは嫌だと思い『AKB48』のオーディションに応募しました」とコメントしている。

  なお、オーディションの応募資格は、満12歳から満22歳のプロダクションに所属していない女性が対象で、応募期間は2月5日まで。

  詳細については、「STU48オーディション公式サイト」(http://entry.stu48.com/)を参照のこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事