• このエントリーをはてなブックマークに追加

溝手るか

  アイドルグループ「SUPER☆GiRLS」の溝手るかが、自身の20歳の誕生日である今月25日にソロライブ「Ruka 1st LIVE “beginning”~twenty~」を東京・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREで行った。

  「SUPER☆GiRLS」の中で“歌姫”と称され、シンガーソングライターになることを夢に掲げる溝手。
  18歳の誕生日に「生誕祭」と題してソロライブを行ってから2年が過ぎ、この日は「Ruka」としては初のソロライブの開催となった。

  バンドメンバーを引っさげてのライブは、自身初のオリジナルソングで2年前のライブで初披露した曲『always』からスタート。
  「信じて進む!」という未来への覚悟を歌ったアッパーチューンの「possible」を初披露すると、「スキマスイッチ」の『全力少年』、斉藤和義の『歩いて帰ろう』と続いた。

  そして『9月に鳴く蝉』を歌唱。
  同曲は、溝手が9月に外を歩いていた時に鳴いている蝉の声を聴き、なんだか切ない気持ちになったことから、その情景をもとに初めて作ったオリジナルの恋愛ソングという。

  orange pekoの『やわらかな夜』、アンジェラ・アキの『手紙』、尾崎豊さんの『僕が僕であるために』、aikoの『夢見る瞬間』の後の熊木杏里の『誕生日』と「RADWIMPS」の『なんでもないや』では、ピアノの弾き語りで熱唱した。

  その後、両親への感謝の気持ちを歌ったオリジナル曲『パパとママへ』を披露。
  「DREAMS COME TRUE」の『その先へ』、浜田省吾の『J.BOY』、「Mr.Children」の『シーソーゲーム』を歌い上げて、会場の盛り上がりは最高潮となった。

  溝手は、「普段、『SUPER☆GiRLS』として活動している時は14分の1という存在ですが、今日はソロライブということで、いつもの溝手るかと違う、1人のアーティストとしての溝手るかを見てほしくて。タイトルも『Ruka 1st LIVE “beginning”~twenty~』とつけさせて頂いたんですけど、この”beginning”っていうタイトルをつけたのには、すごく意味があって。『SUPER☆GiRLS』として活動していくのとは別に、シンガーソングライターになりたいというもう一つの夢が、自分の中にずっとあって。夢を追いかけている途中も不安になるし、もう無理なんじゃないかと、自分の夢を見失ってしまう時もあって。でも、こうやってライブをさせて頂けて、みなさんにソロライブを観て頂いて、こうやってみんなの支えがあるから、今もこうして、ずっと自分の夢を握っていられるんだなと思っています」。

  続けて、「次に歌う曲は、今日がそんな溝手るかの、始まりの一歩になればいいなと思って書いた曲です。私の想いだったり、決心を書かせて頂いたので、ぜひ聴いてください」と話すと、最後の曲『Beginning』を熱唱した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事